mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
へんしーん
      



ピンクのハートは愛あるしるし
もぎたてフレッシュ キュアピーチ

イエローハートはいのりのしるし
とれたてフレッシュ キュアパイン

ブルーのハートは希望のしるし
つみたてフレッシュ キュアベリー

まっかなハートはしあわせのあかし
うれたてフレッシュ キュアパッション


プリキュアのお洋服を着て、変身ワードを必死に暗唱中。思い出しながら、毎日変身。ヘグ曰く、「変そう。」

セーラームーン(は見たことがないが)からヒットした女子の戦隊モノとしてプリキュアはヒットの要素があるんだと思う。わたしたちが子どもだった20年前は、女子ヒロインはみな、魔法の力で活躍していた。『魔法のプリンセスミンキーモモ』『魔法の天使クリィミーマミ』『とんがり帽子のメモル』、あまり興味が持てなかった。「美少女仮面ポワトリン」はださかった。わたしの中のヒロインナンバーワンはずっとナウシカだった。魔法の力じゃなくて強くて賢くて美しい女子。
女子を捨てないで、強い、というのもよかった。あの頃にはナウシカ以外にはそんな女子キャラクターはいなかった。
プリキュアさんたちは女子を捨てて強いんじゃなくて、ちゃんと女の子として見られていて強いんだよね、ナウシカはなかった、女子の華やかさもあるね。キラキラピカピカしているね、そういうのっていいよね。ということでヘグの気持ちわかるよ。良い時代になった!


| 3歳 | 22:16 | comments(3) | - |
夏の夕暮れは格別なのだ




なんか写真をパソコンに取り込むと、いつも大量に、おんなじような空がたくさん入っているので、てきとーに消している。夫が撮っているのだ。いちばんきれいだったのをのっけとく。

| 3歳 | 17:05 | comments(0) | - |
幼稚園えらび

スカートの中にサーキュレーター入れたの。

自分が保育園育ちだったこともあるし、このままはたらくし、来年もどっか近くの保育園でいーや、と思っていたのですが。
幼稚園えらびに燃えています。幼稚園て14時半までいれるのね!しかも時間外で17時までいられたりするの、知らんかったー!水曜日が午後休みじゃないところもある。さがせばいろいろある!
ひとつ、近所でとても入れたい幼稚園があって、草履保育で、体育教育があるのよー素敵素敵!

実はわたくし1歳から保育園育ち&小学生は学童保育育ち。保育園は朝8時〜18、19時くらいまで、学童保育(超オンボロ)は夏休みは一日中、学校のある日は放課後から19時くらいまで毎日通園。幼少期、長時間容赦なく家族じゃない人に囲まれる環境で育った。時間もひたすら長いから、面白いことを次々考えないと、退屈という魔物があらわれる。わたしの新しいこと好きはここからのような。
幼稚園は、保育園に比べると、園にいる時間は半分だよね。

 わたくしの少ない自慢のひとつは・・・・コミュニケーション力が超・高いことですの。
人間関係でほとんど悩まないし、あっという間に知らない人と仲良くなれるし、たぶんたいていの人によく思われてると思うし、コミュニケーション能力がずば抜けて高いの(語学とかはないケドネ)ですヨ。
で、まわりにいる「あ、この人コミュニケーション能力高い」というひとも、同じように保育園育ちな人だったり、超絶☆コミュニケーション力MAXのマブダチNちゃんなんかは、長年海外留学してて寮で年中友達と生活していた。

だからへぐにもそうなってほしいなーと思って、なーんとなく保育園?と思っていたんだけど、幼稚園、いいね!早起きして暗い時間から並んじゃうよ?!願書受付勝負は10月11月頃。

人は、人と人の間でしか生きていけないから、人生のどこかの段階でヘグに人とのコミュニケーション能力が鍛えられることがあるといいんだけど。
でもわたしのこの幼少期の環境、今の超絶・寂しがりやの性格に、起因しているかも。

自慢といえば、かつてわたしの少ない自慢のひとつだったものは、ムネでした。が、今は逆にコンプレックスに加算されてしまいました。ぎゃふん。授乳なんて・・・!授乳なんて・・・・!!!






| 3歳 | 22:39 | comments(8) | - |
こむぎねんど



3歳のおたんじょうびのプレゼントは、結局、こむぎねんどにした。
昔はだいきらいな油ねんどと、どんどん乾燥する紙ねんどしかなかったのに。
20年超のおもちゃの進化はすごいですね。

これが以外にヘグにクリティカルヒット。ねんどやろう、ねんどやろう、と朝も夕も夢中。飽きるわたし。
おすしつくって、ねえおすしつくって。
パッケージにおすし写真があります。しかしねんどはもう色がすべてまざって、シャリがオレンジと青のマーブルです。それを粒にいっぱい作って、ごはんつぶ。というへぐ。

いいプレゼントした。

パパが作ったアンパンマン↓


| 3歳 | 10:45 | comments(2) | - |
ちはやふる 夢ができた
 
夢ができた。
へぐと、近い将来、一緒に百人一首かるたをする。もう弟とトランプのスピードやりまくったように、やる。Mほちゃんとやる。

おととい、Mほちゃんから『ちはやふる』1〜4巻を譲り受けた。2009年漫画大賞、百人一首かるた競技の漫画です。はまりました〜作者末次さん復活ですね、いい復活の仕方です。応援します。物語の進め方とか絵の巧さとか盛り上がり方とかもちろん全部よくできていて、そしてさらに、少女漫画要素どっぷり!これよ、これ。やっぱり少女漫画はこうじゃないと!!!
そこそこかっこいい男子2人に囲まれて女の子扱いされて常にぬくぬく愛され、やさしくされるのよ、少女漫画の王道だわ〜ちゃんと分かってきゅんきゅんさせらるわ〜(30代ではなく、少女の心で)
やっぱり幼少期に受けたこの少女漫画の洗礼は、30過ぎたあとあとまでちゃんと響くね、そしてその現実とのギャップにしょっぱくなるね。まず、10代男子は、女子と自然なコミュニケーションがとれるほど、大人ではない。以上。

それはおいといて、百人一首、実は得意です。小学、高校、校内大会決勝くらいです。
百首覚えるのよー、置き場所を覚えて、上の句の何文字かが読まれたら、まだ読まれてない下の句のかるた札をばしーーん!と取るのよー、競技チームの中に好きな男の子がいると盛り上がるのよー!だって、手とか指とか当たるのよう。わたしはだいたい、頭のよい美しい男児が好きだったので、いつも楽しい思いをしました。
百人一首かるたはものすごい集中力のゲームです。緊張感がたまらないとても楽しいゲームだった、これができる冬が好きだった。
もう少したら、大会優勝の経験のあるMほちゃんと、ふたりでまずやる。今からちょっと悔しい。で、もりあがるでしょ、そしたらヘグ、もう絶対入ってくるから。「ヘグちゃんも!ヘグちゃんも〜!!」って超うるさいから。一緒に覚えてかるたするぞー!夢夢。むふふ

漫画大賞って、書店員さんとかが決めるのね、この漫画は書店員ウケがいいと思うよ、だってまず百人一首なんて地味で暗めのゲーム扱ってる漫画なんてさ、一般より書店員さんでしょ。本好きには百人一首、ヒットアイテムだと思うんよー。しびれるよねぇ〜

しのぶれど いろにいでにけりわがこいは ものやおもふと ひとのとふまで

ん〜昔の人(平兼盛)を近くに感じる〜
そして百人一首って、色っぽいんだよねぇ〜知ってた?
季節の歌もあるけど、恋歌はおとなのデートの後に飛び交う携帯メールみたいな内容なのよねー、小学生のときちゃんとここまで解説してくれたらさー、みんなもわたしももっと覚えたと思う。



| 3歳 | 09:27 | comments(8) | - |
ラン
 
ほんとに走り始めました。まずは1日5キロから。
FRaU6月号 「美ジョガー」特集まず買ってみました。上のも6月号を読み終わったら買おうと思います。
映画の撮影を始めるまえ、去年の暮れまで、ジムで週1,2で一日10キロくらい走っていたとき、すごく体も頭も快調で、疲れないおかげでいろんなことができて、すごく毎日満足してた。
また走って、体力でなんでも乗り切りたいなーと思って。
早朝しか走れる時間はないかな。夜中はやっぱり30になったとしてもちと怖いので。さいきんとんとチカンにもあわなくなって、ほんと日々安全だー。10代20代はおそろしい思いした
初日、5時半に準備してたらヘグが起きて来ちゃって、「一緒に走りにいく?」と聞いたら嬉しそうに「うん。」。プリキュアワンピース着てキャップ被っていざ、ラン。
遊んでもらえると思ったヘグは、途中から泣き泣き、自動販売機の前で「へぐ、ジュース飲みたい(泣)」、少し走ると、「どうしてヘグちゃんのこと置いてくのー?」。ほら、走るんだよ、と結局この日は500メートルくらいのラン。
翌々日また朝起きられちゃったので、「行く?」と訊いたら、
「んー、でもヘグちゃん、また泣いちゃうから、今日はやめとくよー。」とにこにこ顔で言われてしまったのでプリキュアのテレビつけてあげて走った。






| 3歳 | 23:50 | comments(4) | - |
ヘグ、海へいく



ちょっと南フランスまで地中海へ行ってきました。うそです。
8/29土曜、8月最後の快晴。10年来の友人Nちゃんがオーナーの、真っ白なビーチカフェ、ニューモデルFiat500カフェへ、由比ガ浜まで行く。
携帯の乗り換え案内にしたがって馴染みのない駅の乗換えをしたら、まんまと間違え、来た方向へ戻り、鎌倉まで2時間半くらいかかった(ほんとは1時間半でいけたはず)。アホ

へぐは初めての海で、一週間前から楽しみで、Nちゃんと一緒に「海」の歌をうたう!といって、「うーみーはひろいーな~~」の海の歌を歌っていた。
波打ち際で大はしゃぎ。写真は、波の洗礼を浴びる、15秒前。
波から帰ってきて、どうだった?と訊いたら、「・・・・ちょっーと、怖かった・・・」と緊張の面持ちでした。それからは入らなかった。

海風は気持ちいいし、眼前に広がる海面も気持ちいい。やっぱり夏の海は一度は行くべきものかもしれないな。わたしも相当久しぶりでした。
Nちゃんほんとうにご馳走様です。


Fiat500カフェ。8/31まででした。



fiat500はなぜかよく乗った。ニューモデルもかわえー。


| 3歳 | 21:30 | comments(2) | - |
はつ恋



へぐの何回目かの初恋。こちらを向いている男の子。義弟のお嫁さん、の甥っ子さん(小1)。
ヘグはもっぱらイケメンが好きでいつも笑える。でも甥っ子さんには既にわかなちゃんという彼女が。


| 3歳 | 16:18 | comments(5) | - |