mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
布おむつをLCRで洗う。効果のほどなど
地球にやさしいお洗濯「ランドリー・クリーンリング」
地球にやさしいお洗濯「ランドリー・クリーンリング」


一児の母を初めて早4ヶ月。布おむつは順調に活躍してます。布おむつって、紙より楽なんじゃ?と思う毎日。まあ、布おむつは、企業さんが作ってもあんまり儲からないから、(なぜって、初期費用が数千円かかるだけで、あとは消耗品じゃないからお金は使わない、あまり売れないでしょ、だから儲からない)あんまり宣伝・広告もしないのね。だからさ、ママさんでも、布おむつ?何それ?っていう人、すごくたくさんいると思うの。でもすっごくよいよ。

なにがいいかって。洗濯は洗濯機がやってくれるし。紙おむつはどでかいパックが一週間でなくなるし、ストック気にしなきゃいけないし、そのために買いだめなんてしたら狭い家がさらに狭くなるし。紙おむつのどでかいパックは普通に重いので、あまり買い物のついでには持ちたくない。で、ゴミがすごい。すごすぎる。それにニオイがする。たぶん化学物質なんだろう。布は、毎日干すのに10分たたむのに5分、これで上のことが避けられるならこっちのが面倒じゃない。誰が布の方が面倒、って言い出したんだろう?何も大変じゃないし、むしろ楽。おおきいお尻はかわいいし。で、TPOによっては紙がいいときもあるんで、紙も時には大活躍します。やっぱ基本布の両使いが私には合ってる!

で、やっぱりお洗濯は増えるわけで。

でも、なんと購入しました。LCR。

しつこい?↑ランドリークリーンリング。お洗濯を化学(洗剤などの薬品)ではなく物理(水の分子構造を変化させて)でしよう。ってこと。

これは、プラスチック製のドーナツ型の物体を、洗濯機の中にポンといれ、洗濯物と一緒に洗う。リングが回転すると、なかの水の分子構造が、洗濯物の繊維と汚れを分解するような構造に変化するらしい、そしてそれがなぜか洗濯機の中の水にコピーされるらしい。で、洗濯物がきれいになる、というしくみなの。あたくす、全くこういう理科的なモノに疑うほどのセンスがなくて弱いのだけど、分子がどうとかいわれるとさ、なんかめくるめく気分になって、うっとりしちまうのよ。洗剤入れてぐるぐる回ってるだけで実際、汚れ、落ちてんの?これ長年の疑問でした。洗剤は、つまみ洗い、が一番でしょう!って。

で、LCR、約2ヶ月使ってみて、使いごこちはね、いいのです。ちゃんと、それなりによごれは落ちてると思うし、洗剤で洗ってもそんなに画期的に汚れは落ちないけど、それはLCRも同じ。でもちゃんと落ちてるっちゃ落ちてると思います。

それじゃあまりイイモノじゃないよね。でもさ、洗剤を使わないってコトは、=すすがなくていい、ってことなのね。よっぽどちゃんと洗いたいとき以外は、言ってみれば一回の「洗い」ですむわけ。これってすごくない?もう最近は、下着じゃない赤子の服、ハンドタオル、バスタオル、は全て一回の洗濯で終わりにしている。大人の肌に触れるモノは、普通に「洗い」2回、「すすぎ」1回、にしている。それもお風呂の残り湯で。

かなりの水の節約もできます。すごい!

というわけで、布おむつを初めて3ヶ月強、水道代は全くあがりませんでした!すばらしい!

水道代って地域によってかなり差があるらしいので、ご家庭によっては布おむつにして一万円くらいはねあがっちゃった家庭もあるらしいの。だからかなりびびってました。

そんなわけで、うちは、(紙おむつ1,500円/週)×4週=6,000円のところ、月に1,000円パック一つで済んでいる。うほっ 月に5,000円くらいずつ貯めて、自分のお洋服、買ってもいいかしら〜〜?

でもね、気になるのは、LCRを売ってる会社じゃないところで、実際の効果を実験してほしいの。ヒイキ無しのじゃーなりずむで、綿密な実験をして欲しいの。

暮らしの手帖社さんの雑誌、「暮らしの手帖」あたりでやってくれないかな?潜在的な、紙おむつを使用中だけど実際布が好きなママにも、布おむつの宣伝になって良いと思う。



LCR(ランドクリーンリング)を販売しているお店

| 4ヶ月 | 15:48 | comments(2) | trackbacks(0) |
疲れた。
 イブの夜に、娘をみててくれた母に急いでゴハンを作ってたら、ダイコンと一緒に左親指の腹をざっくりパックリ切りまして、傷口がV字だし、なんだかそれだけで体がダメージ。25日は娘を連れて母とあるものを、丸一日かけて作りに出かけて、帰ってきた。母が帰り、いつもの3人、私と夫と娘になったとたん、ご機嫌でテンション高かった娘がわんわんぐずりだして。
9時から12時までわんわんわんわんわんわんわん大泣きで。もうぐったり疲れた。
指は痛いし、やかましいんで頭も痛いし、夫は仕事大詰めだったし、娘は重いし、もうぐったりした。

録っておいたMー1をみて、大笑いして、息が吸えなくなるほど大笑いして、ネタ。
チュートリアル、去年のネタがすごく好きだったの。だから今年良かった。
でも私が狂うほど笑ったのは、フットボールアワー。取り皿どうぞ。
| 4ヶ月 | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
12.25 手拭いから浴衣を作る。


左:わたし 右:母
力作の傑作です。日本手拭い2枚から赤子用浴衣を作る。というクリスマスらしくない一日を過ごしました。at厚生労働省公認和裁職人技能者のご自宅にて。左は桔梗柄、右は柿、と秋桜柄です。この柿の柄、とってもかわいい・・・


ある日、母が紺紫の小さい浴衣を見せてきた。saeちゃん、これ一緒に作りに行かない?いくちゃんゴロンさせて、たまにおむつ替えておっぱいあげて、和裁の先生のところへ習いに行かない?今ならまだ、寝かせておけるじゃない。
という提案と共に。小さい浴衣を見せてきた。ずきゅん、と打たれたわたし。早速母と和裁職人のおばあさまのお家にお邪魔してきました。
和裁って、、、はじめてやったけど、全然洋裁と違うのね!すごく面白かったわ!
洋裁で、「まつり縫い」、ってあるじゃない。布の端っこをほつれないようにぐるぐる撒きながら縫いつけるやつ。あれとおなじ役割を果たす縫い方があるのだけどね、「くけ縫い」とか「くける」とかいうものなの、これが和裁は、違うのよ。
結局まつり縫いもくけ縫いも、布の裏側のみえないところの処理をするものなのだけど、くける、という縫い方は、その縫い糸さえも布の三つ折りの袋のなかに糸をかくして、ぽつ、ぽつ、と留める部分だけの点でしか、処理の糸をみせないの。だから裏地の切れ端の処理も、表面のようにきれいなの。あっぱれだった。

↑まつり縫い。

それと、2,3針縫って、3僂らい飛ばしてまた2,3針縫って、3僂らいとばす、って縫い方もあって、ははぁ〜〜〜とその美しさと丈夫さと機能性に驚きました。

朝の10時から夕方7時くらいまでお昼のおにぎり以外ノンストップで。でも娘がかまって、ってぐずりまくりだったので、わたしはおっぱいあげてばかりでしたが、母が必死で先に仕上げて手伝ってくれました。なにしろ、家に持ち帰ったら絶対できないからね、先生がいないと無理なの。。もう襟とか、難しくて。
ほんとの大人の浴衣の作り方とまったく同じだそうで、大変ちゃんとした作り方だった。

先生は、二日で7枚の大人用ゆかたを手縫いするらしいです。ミシンだと、洗うと浴衣が縮むみたい。だから手縫いじゃないとだめなんだって。よい浴衣は。
先生の家は昭和30年代の古いお家で。本当に素敵だった。清潔な床は黒光りしていて、お手洗いは引き戸でひんやりしてて、洗面台もタイルに蛇口。ガラガラガラって玄関を開けるの。小さな日本家屋だった。寒かったけど辛くなかった。白髪のきれいな老女だった。

これで来年の夏は3着の手縫い浴衣があるので、娘、汗かきまくれるわね。
自分でもまた作りたいけど、先生の手拭い2枚の裁断さばきは神業だった、あの技は、ぜったいにできん。

(実は母が手伝ってくれた私の浴衣の右袖は、慌てた母が間違えて裏返しにくっついてるので、直さないと行けないの。それと紐をつけて完成。がんばるぞ。左親指を包丁でざっくり伐ったのはやっと肉と皮膚がつながってきたので・・・)
| 4ヶ月 | 16:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
年末のおでかけにて
 家から近い都会の街は銀座。まとまって買い物がしたいときは、銀座に出ることにしている。大きな街ってやっぱり気の利いたものを買うのに便利で、まともなデパートと、無印とがある銀座は、歩いている人も赤子にやさしい人種で助かる。
 
 はじめて銀座にベビーカーでひとりで来たときには参った。銀座は、地下から地上にあがる手段が無かった。途中の地下鉄乗り換えも、上下移動の手段がなかったので、死にものぐるいで高速のエスカレーターを全力でベビーカーを支え、おじさまなどに持ってもらったり・・・汗だく&筋肉びりびりだった。
 JRや地下鉄はどうも不便。最近は、新しい都営線と有楽町線を使えば、乗り換えも地上へもエレベーターで難なくクリアできるルートを発見した。最後に銀座へ上がる階段を少し頑張れば大丈夫。
 銀座でみかけるベビーカーはマクラーレンばかり。それで、銀座で見かけるベビーカーの親子は、無印良品の授乳室でふたたび見かけたりする。わたしたちも、無印で特別な買い物が無くても、授乳とおむつ替えができるきれいなベビールームが有楽町無印良品のお店にあるので、ほぼ必ず、銀座に着いたら利用している。それにしても無印のベビー用品てなんてかわいいんだろう・・
 最近はラップコートに釘付けよ。でもさ、未来のサイズを買ってるとさ、キリがないから。がまんがまん。

 ここのところ、むすめのサイズがアップしてきて、また一気にインナー類を増やした。ヤフオクで新品のプチバトーのロンパース5枚と、薄ピンクのハイネックを一枚。これで春先まで持ち越せるかな。一枚1,000円ちょい。洗って洗ってへたれないものと思えばいいよな。娘の首がしっかりしてきたので、ロンパースが着させ安くなった。生まれたては、首がへにょって曲がっちゃうから頭から布をかぶせるのがなかなか大変だったけど。いまじゃずぼ!ってかぶせてる。
こういの買うときの色は、なぜか娘はブルーベースになってしまうの。水色とか、ブルーとか。。暖色よりもやわらかい寒色が似合う、とは私も夫妹ちゃんも、同意。ピンクだと派手になってしまうみたいです。ロンパースって、いったいいつまで着せて良いのかな?
1歳の子で着てる子をみたことがない。
ロンパースって、抱っこしたときにずりずりしないからすごくすき。
| 4ヶ月 | 02:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
産褥期のことシリーズ 5
 産褥期のこと、年内に終わらなかった。ちょびちょび思い出しては書くか。
 授乳をすると血の気がひいた。頭がぐわーーーあん、となって全身脱力。で、乳首は猛烈に痛いし赤ちゃんは遠慮無く必死で吸うしで我慢の数十分。まだ自分の乳も出力調整というものができてなかったので、授乳の時間じゃなくても容赦なく乳があふれてパジャマもシーツも布団もいつもたくさん乳が染みた。それに入院中から猛烈に母乳がつくられ、わたしのタンクは満タンで、皮膚がはち切れそうだった。ものすごく痛くて、最初の一月は普通に服が着れなかった。
 ごはんも食べるのが疲れるから面倒で、良く泣いた。退院した日なんて、夫と退院の日までに揃えると約束してた、赤ちゃんのベッドと布団が、メーカーのミスで届いてなかったから、「どうして赤ちゃんのベッドが無いの?ミスなんて知らないよ。何でないの?」と悲しくてしょうがなかった。次の日には届いたけど。母は退院の日の夜、元気が出るように、ってゴーヤのカレーを作ってくれた。ゴーヤ大好き。
 お友だちの助産婦さんが、もう何回も乳をマッサージしにきてくれたけど、あのマッサージをやらなかったら、私は多分5回以上乳腺炎になってたと思う。「saeの胸は本当ーに心配だよ。」と何度も来てくれた。乳腺炎になったら、熱が40度くらいになって、おっぱいが真っ赤になったり、がちがちに固まってしまったり、乳首から膿が出たりするんだって。そしたら母乳を止める薬を飲んで、授乳は終わりにするのだそう。わたしはそういうのになりやすいような危ない胸だったよう。で、このマッサージ、終わったあとに、痛みに耐えて胃が荒れて毎回お腹を壊すくらいに、相当痛いものだった。
おっぱいマッサージをやったことのあるママとお話をすると、産んだときの感想よりも、痛そうに皆話すのだった。
| 4ヶ月 | 03:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
年越し
 
夫の実家へ里帰り中。特急の中にて。子連れの移動って、やっぱり大変。こうやって慣れていって、そのうち旅行とか、いくんだなあ。べビカーのなかで、おくるみから手を出してちょこんとちいさく収まってます。さいきんの娘。

 30から明けて2日まで。2日から5日くらいまでは私の方へ里帰り。
 夫とお母さんと3人でしっぽり紅白を観終わり、カチカチチャンネルをまわしていたら、数分前にいくたんがうにゃーと泣き出した。オムツを取り替えておっぱいをあげてたら、近所のお寺の除夜の鐘が聞こえてきて、暗くした部屋の、ハロゲンヒーターのだいだいいろの光の中で3人で年越しの瞬間だった。
 いやー、今年は子供を産んでお母さんになった年だったね。
 たんたんもお父さんになった年だったね。
 前より大人になった感じがするよね。
 ハタチになってもだめなんだね、子供ができて親になって大人になるんだねえ。
 やっぱ子供がいるってことくらいに心が揺さぶられることがあまりないよね、だから若いときは、一生懸命面白いこととか楽しいことを探して東京中、日本中、遊びまわるんだね、前二人で年越しイベントカウントダウンジャパンライブへ出かけたけど、何か(娘)を犠牲にいしてまで行こうと思わないもんねぇ 行ってもいいけど行かなくてもいっか、ってなるねえ 不思議だねえ

| 4ヶ月 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
年末年始


BONEE ANNEE 2007
3年前くらいからこのようなご挨拶を年賀状でいただくようになりました。発音できませんが、年始の挨拶には「頌春」くらいすっきりしてていいと思います。

 年末年始は夫とお互いの実家を行き来して、娘はじいややばあやや伯母(24)や叔父(26)におさまらずたくさんの親戚や幼なじみやらにかわいがってもらったのでした。娘も、突然の長期(30日から明けて5日まで)の移動や、新しい人たちに会って、それは刺激過剰だったことでしょう。緊張とか疲れからか、めずらしく、毎日4回以上も夜泣きをして私若干睡眠不足です。関東を北へ南へ。大荷物の子連れの移動は、まあなかなか大変でした。こうやって子連れ移動に慣れて、そのうち旅行とかいくんだろうな。特急電車のおトイレは、新しい列車→おむつ替えシートあり 古い列車→おむつ替えシート無し ということを学び、立たせてうんちのおむつ替えを夫は2度もしたもんで、くたくたでした。私は寝不足のため、特急に乗ってる間、小一時間の爆睡タイムをご褒美にいただいたのでした。帰りの列車では、駅到着アナウンスがぎりぎりで、駅員さんに必死の形相で待ったをかけてもらい、ベビーカー車部分とマキシコシ部分と大荷物(大人2人分と子供の着替え)をかかえて降車。なんてことも。
 夫のお母さんから、またもや新着編みワンピースと編みチョッキをいただきました・・・ほれぼれ。編み目をみてるだけで、はぁ〜〜、とためいきがでちゃいます。後日アップ!

 我が地元にて憧れの西松屋デビューを果たした!服が安くてびっくり。さいきん、娘のおむつは二枚重ねじゃないと間に合わなくなってきたので、輪おむつ10枚と成形おむつMサイズ4枚を買い足す。ウールのオムツカバー2枚組で1400円なんて、お得な買い物を。いつも一枚1890円ですよ。ウールのおむつカバーは偉大で、おしっこなど水分ははじくのに通気性がよいの。いくつかあった綿のは、前に捨てちゃった。ビバ西松屋です。あとは結婚式用の娘のタイツを。タイツなんて・・・赤ちゃんっぺー!(赤ちゃんぽいなー)いいのかな、このセンス。。

 今年の年賀状は、私画の、おかめ風娘のイラスト。ここに、娘の成長写真をのっけれないかわりに、最近はテキトーな絵をしこしこ描いてます。なんで今年はニンプーマンの「ニンプーファッションシリーズ」ときのようにアップしようかしら。
 
 なんとこの年末年始に、娘は両手を使うことを覚えました。そして、今日はトトロのぬいぐるみのガラガラをつかんでぶんぶん振る・・・おもちゃをおもちゃとして遊ぶ・・・という高等技を習得していた。いやあ、すごいなあ。トトロのぬいぐるみを“モノ”、と認識して、振って遊ぶ、ということを、なんとなくでも理解している、なんて。。あんな動物みたいだったのに、なんて人間らしくなってきたのかしら。
 でもこれってまだ猿のレベルだもんね、まだまだ今年も、娘は人間くさくなっていくのだろうね。楽しみだなあ。そして私はすっかりお母さんだなあ。
 娘は昨日でちょうど生後5ヶ月に。

| 4ヶ月 | 14:13 | comments(3) | trackbacks(0) |