mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< ホットケーキの上にのせるものは・・・・・ | main | もうすぐ幼稚園 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あけましておめでとらございます
 

上野公園でへぐが撮影した虎。

今年は、ゆっくりしようと思っています。ゆっくりと過ごして、やると決めたことを、きちんとやりたいの。
育児、家のこと、仕事、英会話、家族の会話。これくらいかな。あれも、これも、とたくさんのことができることが、より優秀だとされる世の中だけど、人には能力の許容量というものがある。わたしは自分の能力の許容量をさすがに知っている。昨年は、許容量を超えてようがどうしてもやりたい!!!と思うことがあって、無事にできたけれど、家事も育児も仕事も、、、後悔は残る。体もこわす。夫にも家族にも負担をかけた。
世話にあたふたしてればいい乳幼児期も終わり、人格形成へと比重がシフトする育児に、どっしりと向き合いたいと思う。ゆっくり過ごして、余力を残して、今年はいっぱいふれあって、いっぱい怒りたいと思う。09年はあまりにヘトヘトで叱ることを放棄することが多々あった。
「ごめん、へぐ。おかしゃん見てないふりをするよ。。。」と叱ることにくじけたことが何度あったか・・・。

テキトーな性格のわたしと、細やかで厳しい夫。育児の悩みって、なかなか人に相談できない。育児に失敗したら、自分の価値も下がる気になってしまうからかな。その気持ちはわからなくもない。というかよくわかる。間違ってたんだと思ってしまったときのショックはとても大きい。でも、みんなが間違って、失敗して、でもまたがんばればいいんだということがもっともっともーーーっとオープンになったらいいのに。そうしたら、みんなが明るい育児ができる。今のお母さんたちは窮屈で日が当たらなすぎる。


| 3歳4ヶ月 | 01:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 01:08 | - | - |