mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< msms | main | 汗をかき春の土を踏む >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
まっくろいおへや




へぐももうすぐ3歳。発達が不十分、興味が先行してしまうが故によくないこと(ごはんをひっくりかえすとかお行儀わるいとかものを大事にしないとか)をしてしまう期間もすぎ、なんとなくものが分かってきているようす。お話もある程度できるし、これからは故意やわがままでよくないことをしたときは、マジモードで叱らねばいけない(遅い?)。この叱るというその一時が、わたしの辛抱でもあります。
まっくろいおへや、というのが我家にはあります。本当はそんな余分な部屋はないんだけど、寝室にいれてドアをしめます。電気がついていない夜には、”まっくろいおへや”になります。
よくないことをして、やめなさい、と伝え、「そんなことをするとまっくろいおへやだよ。」といってもやめられなかったり、ごめんなさいが言えない時は、即移動です。ぎゃん泣きです。かぎはかけないけど、へぐは態度を改められないと自分からは出てきません。だから少なくとも自分が今悪いことをしている、という認識があるのだと思います。それは立派なことだ、と思います。あんなに肩や背中の骨が小さくても、りっぱに人間の精神を持っている、と感動します。
で、ひとしきりわめき(とてもうるさい)、ドアの向こうで「ごめんなさい」が言えたらわたしたちに会えます。自分で出てくることもあるし、迎えにいくときもあります。そうやって一応感情をコントロールするということをしている途中です。
でも、ドアの向こうで泣きつづけているのを聞くのは、こ・れ・が、辛い。ご飯を食べてるときは、しらんぷりして食べ続けるけど、口の中はしょっぱくなって目が熱くなってご飯が見えなくなります。一日のうちちょっとしか会えないのに・・・。
かわいそうだというすごく単純な気持ちもあるけどこのままよくないことを持って育てば必ず将来へぐにはマイナスになる、へぐは、我が強すぎることが今のところマイナスかな。って我が強いのをコントロールするのが、人間だよね。

小さい頃、すぐ怒る親や親戚のおじさんに、いやだなあと思っていたけど、一回一回、ほんとにエネルギーを使ってくれたんだ。
親戚のおじさんの中で、いちばーん怖くて、たくさん怒られて、たくさんおしりも叩かれた、この家には生まれないでよかった、と思ってたくらい怖いおじさんがいて、今ではすっかりスラムダンクの安西先生のように温和になりました。ここ数年、ずっと具合が悪く家族は懸命に看病、もうたぶんいよいよ最後なので、さいきんはこわかった頃のおじさんをよく思い出す。あのころのおじさんは、今よりずっと若くて、ずっと大きくて、ずーっと元気だった。

へぐももうすぐ3歳。3歳になったらもっと怒るよ、と宣言。これからはこわーーいお母さんになるんだろうな、わたし、がんばろうまじに(遅い?)。「とーーってもこわくて、とーっても大好き」なお母さんていいと思います。

育児の悩みって、子どもが赤ちゃんのときは単純に世話の手間の多さと、大変さに悩み(これがほんとに半端じゃないね)、”子ども”になってからは「人格の育て方」に悩むのかもしれない(多分こっちも半端じゃない)。「人格の育て」中には、育ててる側の大人の(わたしの)、今まで目を背けてた欠点を、否が応にも見せ付けさせられる、というのことがあります。だからわたし毎日悩んでいます。

| 2歳10ヶ月 | 14:47 | comments(9) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:47 | - | - |
最後の段落に大きく頷きました。
子を育てて親も成長する、なんて簡単に言うけど、どっちも勝手に育つんじゃなくて、お互い切磋琢磨するんだなーと、わたしも日々感じてます。
そこには親子それぞれの性格もあるし、相性もあるし、ほんと一筋縄ではいかない!
自分が子供だったときは、自分ばかりが努力してる気がしてたけど、そうでもなかったなと思います。。
でも、「あーしてほしかった」「こーしてほしかった」と思ってたことがあるから、それは実践しようかなと思ったり、いや待て親が先ばかり行くとそれもまたむかつくだろ、とか、自問自答してます。

つーか、ディズニー行けないなら、今度遊びに行ってもいいですか?
へぐたんの成長ぶりも見たいし、久々にsaeさんと話したいし!
飲みますか?飲みましょう!
| すい | 2009/06/15 4:12 PM |
そうですね〜。ウチの娘も同じく3歳だもんね〜。
色々大人並みにお話が出来るようになり、いろんな事を理解できるようになった今が躾時なんでしょうね〜。
ウチもまったく同じだな〜と、うん!うん!言いながら読んじゃいました。
我が強い・・・ウチもかなりのもんです。プラス、まだ手が出る時があり悩んだりしてます。手を出したからと言って全てウチの子が悪い訳ではなく・・・まさに『アイシテル』ですが、だからといって手を出して言い訳じゃない。そこはちゃんと説明して理解してもらわないとダメ。
でも、最近はその前にまず、なぜ手を出したのか聞く事にしています。その後で気持ちを分かってあげた後で叱るようにしています。
この方法が良いのかどうか分かりませんが、今はこういう向き合い方がしっくりいってる。
我の強さも個性なんでしょうけど、まさしくコントロールしてもらわないとね〜w(って自分にも言える事なんですがw)

そして写真のへぐたん!とっても美人!いつもの笑顔写真とはまた違ったお顔!



そして・・・先日、困らせるメールしてしまったなと反省しております。すみません。
| | 2009/06/15 9:33 PM |
>「とーーってもこわくて、とーっても大好き」なお母さんていいと思います。

うん、素敵!!
親になるって、すごく大変なことだなぁって、そして、すごく素敵なことだなぁって、さえちゃんのブログを読むといつもそう思います。
| さちこ | 2009/06/16 1:18 PM |
さえも言ってるように、まくろいおへやから
自分ででてこないってのは、ヘグたんがきちんと自分の今の状況を理解できてるからなんやろね。

しかも、かなりうるさいほど泣き叫ぶって
悪いことした、、、おかあさんがもう許してくれなかったらどうしよう、、、。
と小さいながらいろいろ反省してるんやろね。

たぶん、なんも感じてない子やったら
暗い部屋でも、途中で泣くのやめて、その状況下で遊びだすよ。

うちは、ほんまに口うるさい母になったしまっててイヤになる時あるよ。
うちの子が神経質なんも、みほに原因があるんやろね。
外で遊んでてみんな裸足なってて
靴下脱いで裸足なっていい?
って聞いてくるお嬢に「脱がんでいいやん。」
と返すと一人で靴に靴下スタイルで
言いつけどおり、のぼり棒する時だけ裸足になり
終わったらまた履く姿を見て
もし、自分が裸足のこどもの親やって
このお嬢を見たら、「こどもらしくない育て方でかわいそう」って思うんやろなー。と思う。

家庭によってルールはそれぞれやし
ほんまに悪いことってラインも難しいけど
うちは、うるさすぎなんやろな〜。

叱り方もさえとヘグっ子は、良い叱り方、叱られ方なんやろぁ。
ついつい言葉でのおさえつけになりがち。

去年の今頃から秋にかけては、かなり手をあげてしまってて、今となると授乳中で暑さにも負け
かなり子育てのイライラで、やつあたりしてた
ダメ母で、お嬢は怖いをとおりこしてて
恐怖やったと思う。
だから、今は手はあげないように努力してきて
おとーとのも手がかからなくなった頃から
努力なんかしなくても、大丈夫になったけど
お嬢にとっては、もうおさえつけにしか思えなくなってるかも。

前回、恥ずかしくないって自信あるってゆったけど、
挨拶やって、箸使いやって、自分の意見ゆえずモジモジすんのやって、「この子すごいな〜」って子はいっぱいいるし、まだまだダメなことなんか山ほどあるよ。

でも、お嬢の長所だけピックアップして見てるだけ。
周りの大人たちは、良い面を見るより
悪い面ばっかり見る人たちからしたら
うちのお嬢は親として落ち込むことばっかやで。
でも、短所を直すだけじゃなく、
長所をのばすことも親としてしてあげたいから
まずは、親自身がお嬢を長所に自信を持ちたいねんなぁ。
ヘグたんやって、い〜〜〜ぱい長所あるやん。
優しいやん。
やし、さえママも自信を持って!

いっつも、コメント長くてすまんね。
すぐにアツくなってしまうもんで、、、。
| みほみほ | 2009/06/16 10:20 PM |


はいもうぜひぜひZEHIいらしてください!もう半年位おしゃべってないですもんね、ほんとディズニーはごめんなさいなのです。
たしかに、性格も相性もほんとうにありますね。母と子と、1対1だとそういうときにはどこにも逃げ道がない。性格が違う故にわたしより夫がうまくやれることがあると、あー助かったと思います。

ところですいさんはどーやって怒ってますか。そもそもお坊ちゃんが手があまり。かからなそうな・・・ま、それもそれまでの育て方によるんだと思いますが。だいたいこういうまっくろいおへや方式がいいのかどうかも、私自信がありません。。はぁ。。
| sae | 2009/06/18 11:04 AM |
hirayanさん

なぜ手を出したか聞く、そうですね、躾話で聞いたことありますね。わたしもこれからそうしてみます。だめだと伝えることと、一方で押さえられなかった気持ちを受けてあげることと、両方大事だと思います。
たしかに相手が悪いときもたくさんあるんだけど、、、ダメですもんね。。あやちんもよく手をだしますか?なんだか少し安心しました。この時期のこのような行動は、発達段階の過程で、子の暴力性とは関連しないといいますが、心配です。わたしの周りの子にはあまりいなくて・・・ぐすん。
これも性格だから、手を出しちゃうわが子たちには、それなりに躾が必要ですね。根気よくいきましょうね。
先日の届かなかったメールは、いつでもお待ちしています。



さちこさん

これ、ポニョが映画の中で言ってたセリフなんだけど、すんごいいいなーと思いました!あちょっと違ったかな、「とーーーってもきれいで、とーーってもこわいよーー。」かな?そっちも相当素敵ですけどね〜

育児はいつも自信ないので、そう言っていただけるとちょっとだけ救われますわ〜ありがとう。
| sae | 2009/06/19 1:33 PM |

なるほど。そうなんだ、さすが元保母さんてかんじです。閉め出しした状況で遊びだしちゃうこともあるんだね〜。たしかに泣き叫ぶ声には、親に一瞬見はなされた寂しさとか不平がこもっています。

みほみほさんのコメントを読みながら、電車の中でぽろりぽろりしてしまいました・・・。当たり前だけど大変だったんだなーと思ったら、よくやったなーとか、辛かっただろうなーとかいろいろ思いました。やっぱり2歳差で、二人目が1歳までは地獄なんだねー。かわいいと思える余裕なんてないよね。1人でほんとによくがんばったよー。もう地獄は終わったから、これからはみほらしく子育てできるんじゃない??絶対大声で笑う、のびのびしたいいー子になると思うけど。
「あんときはくそ大変だった!」って言って、ママ怖かったよねー、ごめんねーって笑っちゃってね。きっと許してくれるよー

靴下と靴をはきなおすお嬢が想像できてすぎて、超かわいいと思いました。なんというか、けなげな感じじゃない?お嬢ちゃん。

口うるさくない親になるには・・・・一度大きな罰とか、一度マジ怒りをして、本人に「本当にこれはだめなんだ」と理解させれば、それからは口うるさくならずに済む。というのがあったけど、本当かい?

わたしはあまり口うるさくないんだけど、それはね、いろんなことをあんまりダメだと思ってないのですよ、、、これもまた親の身として、大ーきな問題なんだよね、、、はぁ。
今後も、長く、かつアツいコメントを、くれないかな、くれないかなーってお待ちしてます。

そうだね、自信持たないとね。自信もてるように、日々、一つひとつ、だねぇ。
| sae | 2009/06/19 1:59 PM |
それなりに手かかるようになってきましたよー。
まぁそれでも、ちょろい方なんでしょうが…でもわたしには、いっぱいいっぱい!
わたしも叱り方は、「これでいいのかなぁ」と思いながらやってるのです。。
わたしもなるべく、理由を聞くようにしてます。
本人なりの理由って、子供の時なかったですか?
わたしはあったのに、あまり聞いてくれない(というか、話しにくい)親だったので…。
その理由のいかんによっては、叱り方も考慮する、って感じです。
力で制するより、できれば言葉で伝え合っていきたいので…ま、言うほどできてないですが(笑)。
それに、言葉だとどうも親が先に言ってしまうことが多いのかなって、最近感じるし。
それが、みほみほさんが言う言葉でのおさえつけになっちゃうのかもしれないし。
と、試行錯誤してます。。

そういうことも含めて、ぜひぜひお話したいです〜。
極秘で入手したメアドに、メールします!
| すい | 2009/06/19 6:30 PM |
メールありがとうございました!

叱り方はやっぱり難しい・・・。目指すところは、どんなにこわくてもいいから、ねちっこくなく、カラッと叱りたい!という理想はあります。
子どもなりの理由、ありました。正当じゃなくても。ちょっとずつ、聞いてもらう、ということをされてると、コミュニケーションのずれからくる不満みたいなのは蓄積されないかなあと思います。

そしてたしかにそうですね、言葉だと親が先に言ってしまうこと、多々あると思いました。気をつけようっと。
やー、ほんとに、今までのお世話育児から、人間との対話育児になると、試行錯誤の連続です。。。


| sae | 2009/06/21 9:23 AM |