mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< 糸電話みたい | main | わたしのしごと〜働くお母さんと働かないお母さん〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おんぶ!
 いくたんは5日でちょうど2ヶ月。まだこの世に2ヶ月しかいないんだ〜すげー。2ヶ月しか歴史がないんだー。生まれたてのときは、この世界に出てきたばっかりだったから、すぐどっかいっちゃいそうな、消え入りそうな、寝てるときは違う部屋にいるとちゃんと生きてるかどうか不安だった。それに比べたらだいぶこの世にしっかりと定着してきた感じがします。
 さて、やっと首がそろそろしっかりしてきた頃、おんぶ紐をいただきました!北極しろくま堂のおんぶ紐です!夫のたくさんのお友達が、あーだこーだといろいろ考えてこのおんぶ紐をくれました!ありがとうございます〜。わーい。かわいい〜 レトロ〜素敵〜。古めかしい物が好きな私。とはいえ古めかしい物でも、自分が納得がいかないものは嫌い、例えば腹帯とか。腹帯はなんで嫌いかって、あれ、危険ですよ、お腹締め付けて、胎児が小さくなったり圧迫されて酸素いかないらしいですよ。でもおんぶ紐だなんて、スリングよりも昔のお母さんっぽくてスキスキ。スリングは片肩に重みが集中してけっこうしんどいの、腰にもくるし。
 で、装着してみましたが、よいです。紐に少し綿が入っていて、幅も広いので、肩にかかる力が分散します。安定します。赤ちゃんも苦しくなさそう。作りもしっかりしています。これをつけて、後ろむいて、おしりぽんぽん、「おーよし、よし。」とかやるのか。立派に子守りっぽい。
 これで今日からたんたんがいない日で、洗濯物干したり、おむつをくちゅくちゅ部分洗いしたり、洗い物したり、(なんか洗ってばっかり?)夕飯作ったりしなきゃいけない時の10分20分にビャービャー泣かれてもこわくないもんね。どうやらひとりにされることに慣れてない、いくたん。どっちかが帰ってきて、2人に囲まれると、笑うの。すっかり転がされてるぜー!


| 2ヶ月 | 14:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:25 | - | - |
おほほー、やっぱりいいですねーおんぶひも。
何人かの友人にもここのおんぶひもあげてるけど、やっぱり背負いながら家事ができるっていうのは、愛情と仕事が効率よく配分できていいですね。
わたしも絶対買おうと思いました。
腹帯はわたしも反対派なんだけど、夫のご両親からいただいたので、戌の日と帰省したときだけつけようと思ってます。
不遜な嫁で申し訳ないが…でも、医学的にいいものではないんだもん、しょうがないよね。
| すい | 2006/10/06 7:41 PM |
 おんぶ紐、なんだかよくできていて。最初に買った海外メーカーのスリングよりも日本人の小柄体型に合うし、布も柔らかめで結いやすい!赤ちゃんを背負うのは重いのだけれど、とっても重宝する予感がびしびしきてます!首がもう少ししっかりしたら、おぶってがんばるぞ〜!違う色もそのうち買っちゃうぞ〜と思いました。ほんとありがとうございます!
 腹帯は、おまじない的に使うものになりつつありますね。にしても帰省しないのに戌の日につける、っていうのもなんだか可愛らしい気がします。でも安産多産だからって、なんでイヌなんだろ、ほんと。。
 腹帯現代版?のようなもので、トコちゃんベルト、というものがありまして、これはなかなか腰痛に効果がありまして、産後も腰痛緩和にとても役立ちましたよ〜。ただし真夏だったので私は蒸れ蒸れだったけど。。よかったら今度試着でも!
| sae | 2006/10/07 12:05 AM |









http://mamma-man.jugem.jp/trackback/35