mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< 子供乗せ自転車 迷い編 | main | 靴がおたかい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
公園の女子

洗濯物を干しているとベランダに出たがるへぐ。Tシャツいっぱいでテンションは最高に

この間託児所の先生に教えてもらった近所の公園は、一部遊具が立ち入り禁止。麒麟の田村が寝泊まりしていたうんこ公園の、うんこ遊具のような、トンネルとすべり台が一緒になたような石造りの小山の遊具。石が一部割れているから修理するんだって。危ないなあと思っていた。
ブランコでは、小学高学年の女子たち7人が靴とばしをしていた。うち4人がブランコ占領で立ちこぎをして、靴を跳ばす。一番遠くに跳ばした人が勝ち。というよくやった遊び。一応、一番跳ばなかった人がみんなの靴を回収するんだけど・・・
その女の子集団は、4人がえらそうにして、残りの3人はぱしりだった。4人の女の子は、ブランコの上でげらげらバカ笑い。そして3人の女の子に、「スーさん早く靴持って来いよー!」「ねーーウチの靴もとって来いよーー、マメ(手のひら)ができるよ!」と怒鳴る。がなっている。おずおずとくつを取りに行くスーさん。スーさんはおとなしそうなモチモチした感じの子。
わたしの近くに、オレンジの服を着た背の高いぱしりの女の子が、えらそう集団の子の靴を取りに来た。聞こえよがしに、その子に「えっらそうなだなー、自分で取りにくればいいのにさ。」と言うわたす。
むかむかドキドキしてきた。彼女らは12歳くらいだろうか。小学生は往々にして残酷だ。17年遡って、昔の私の子供の体を手に入れて、「ねえ、なんでそんなにエラそうなの?ばっかみたい、超だっせー。」彼女らにこう言ってやりたい、と思いながら公園を後に。わたし多分言えるな。明日また学校で会わなきゃいけないとしても。今日は大げんかして、泣かして、もしかしたら私も泣いて、以後一緒に遊ばなくなっても別にいい、明日は男子とザリガニとりに田んぼに行くね。もしくはキックベース、もしくはコマまわす。(実は手乗せができます。)もしくは本を読む。灰谷健次郎の。
 どうしたら、彼女らのように、偉ぶる理由の持たない人間の振りかざす、残酷な権力に、言いなりにならないようになるだろうか。「へぐ、あれ早くとって来いよーー!」と言われて、「えーなんで?自分でやってよ。」そう言ってくれる子になってほしい。もちろん偉ぶる方には絶対にならないで欲しい。
へぐが偉ぶることがあったら、頭をはたこうと思う。みっともないからやめろ、と。
公園は家から少し遠かったけど、帰りは、ずんずんずんずん歩いてたら、暑くなってきて家までわりとすぐだった。
 
| 1歳2ヶ月 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:46 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。