mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< ぽんこつ | main | 伝わらないの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お誕生おめでたい
もう今日は夕暮れからやさぐれていたの。
風は強いし風はつ冷たいし耳はいたいしべいびーちゃんは重いし、ホテルまで招待状の追加修正をとりに行く。ぜったい郵送にしてもらえばよかった。どうせ明日には着くのに。
と思いつつ最寄り駅につき、家帰ったら真っ先にお風呂なんざ入ってやる、ってやさぐれてたの。そのとき夫からメール。
すいさん無事産まれたってよーとのこと。
おめ、おめ、おめでとうございます。なんで人の出産てこんなに嬉しいのだろ。ほんとなんでだろ。自分のことじゃないのにな。すごいなすごいな。ものすごい痛かっただろうな、もう世界一お疲れさまだな。
すいさんは、元々ご夫婦で夫が仲良くしてもらっていたおともだちで、なにかとご一緒してるうちにわたしも仲良くさせてもらっている。なんか、大人、なのに同時にすごく少女みたいで、少年みたいな人。そして旦那様のだいさんはものすごく大きな人。いっぱいいろんなことが大きな人。と思う。

すいさんもブログマテルニテ・マテリアリゼで書いてた。妊娠中にはちゃんと運動して体力つけとくべきなんだと。
私も産んだとき、体中の筋力がいかに大切だったのか、思い知った。別に腹筋だけの話じゃなく。腕も、手の指も、背中も、腰も、足腰も、ふくらはぎも、足の指も。
下高井戸にある、次にここで産みたいと思う素敵助産院、明日香医院では、妊娠発覚時から妊婦には、毎日3時間の散歩をすすめられ、そのほか厳しい食事など、きちんと守らないといけないの。ありえない!わたしはそう思った。だってほんとに無理よ。ほんとに疲れやすいのよ、200M先にお買い物行っただけでもうぐったりなのよ。なのに。
でもね、出産は並大抵の運動じゃないのです。はぁ、ほんとに大変だったなあ。
そしてほんとに痛かったなあ。でももう忘れちゃった。でもここに書いてある。
覚えてるのは、子宮口をひらくあのぐりぐり。分娩間近のクライマックス陣痛と子宮口グリグリのダブルは、この世のものとは思えない現象で、勝手にぶるぶるした。ああ思い出すのはやめよう。へぐはもういるんだし。

とまあ自分のことを思い出したりしつつも、今日は(ご出産は昨日)、すごく良い日。みんな元気でとてもうれしい。夫と一緒に、とてもうれしい。


| letter | 18:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:07 | - | - |
ありがとうございますー。やさぐれちゃってたんですね、どうしちゃったのかしら?
saeさんが言ってた「私をあんなにして!」っていうの、よーく骨身に沁みました。
あの場になって学ぶことが、どれだけあることか!普段使わない筋肉も痛くなるし、やっぱ健康ニンプ生活、これしかないよね!
助産院は確かに大変だろうけど、人間の体に一番素直なお産ができるのは、やっぱり助産院だと思う!明日香医院はわたしもよく調べたよー、「分娩台よ、さようなら」って言葉が、まさに全てですね!

子宮口グリグリはわたしも本当にトラウマです、だって産んだ日の夜、その感触思い出して寝付けなかったもん。
へぐちゃんとうちのと、もっといっぱい子供産んでみんなで遊びたいけど、あのショックがあると思うと、なかなか次が踏み切れなさそうです。
| すい | 2007/03/15 2:40 PM |
すいさん産後のお体は順調でしょうかー?何度目かのおめでとうですー。
すいさんのお産は私には未体験。。うーん、お産は、深い。あんなにいろいろなパターンと出来事が複雑に起こるものもそうそうないだろな。
お産ほど、体を痛めつけられるものは、もはやこの世にはないと思われます!そのためにも、ビバ!妊娠中の管理!ですね。少しでも当日の負担をへらしたいっ
といいつつも、二人目は、すべて楽だといいますね。それにあやかりつつ、油断せずにがんばるのです。
助産婦のお友だちに、分娩台がいやだ、と言ったら、一日に何件もお産があって毎日続くと、先生や助産婦さんは、分娩台がないと腰を痛めてお産を助けられないのですって・・・
せつない・・・。明日香医院はいったいどうなっているんだろう?次の妊娠では、下高井戸辺りに移動のつもりです!(←ひとりでそのつもり。)
でも、でも、、出産は、、何度目になっても、あの原子爆弾級激痛の陣痛は、きっと同じなんだ〜・・・
なんとかもう少し強くなって、よし、次行くぞ!と思いたいもんですね。
とにもかくにも、ごゆっくり休んで下さいね〜〜〜
| sae | 2007/03/15 9:49 PM |









トラックバック機能は終了しました。