mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

<< サイズアウト | main | 抱っこひも【ユグノーとベビービョルン使いやすさ】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
心配しすぎないことと、あたたかくほおっておく、こと。
 年賀状のお返事をいただいた。友人のお母さまからだった。妊娠6ヶ月のころに京都に旅行したとき、近くだからと友人の帰省と共に泊めてくれたお母さま。とても、とてもよくしてもらった。気骨のある友人の隣で、すごくやわらかく笑っていたお母さま。ほんわかするような優しいお母さまだった。

年賀状には、新しく家族が増えた私に、
「痛がるくらいしっかり抱きしめながらお育て下さい。」と。
また、近く、しばらくの間一人で異国へ旅立つ友人を、
「寂しくも思いますが、又、何かを掴んできてくれればと思っています。」と、綴られていて、夫と、すごいね、すごいね、と何度も言いあった。
 こうやって、痛がるくらいしっかり抱きしめて、そうしてやがて育った子を信じて、たくさんの心配事を胸の内にしまって、あたたかかく、放っておく、ということができるということは。すごいことだ。
 娘が、こくん、と自分の腕の中で収まっていると、ずっとそばに置いておきたい、なんて、不可能ながら、思うだけなら思ったりすることもある。でもそれはちがう。娘自身の育っていく力を信じて、心配をしすぎないこと=信じているということ、あたたかくほうっておくということ、ができる親に、私はなりたい。

 しばらく、賀状の言葉にいたくかんどうしながら、昨日に引き続き、乳腺炎予防の茶色オンパレード(玄米ごはんに粗食の和食)の夕飯の準備をした。

 ママは居候を行け入れても彼らの心配なんてしない。誰かを、風船のようにありったけ自由にしてあげるためには、あたたかくほうっておくこと。そのやりかたを、ムーミンたちはしっぽで知っているのだ。
 秋になると、旅に出るものと、のこるものとにわかれます。いつだって、そうでした。めいめいの、すきずきでいいんです。『ムーミン谷の十一月』



クウネル vol.23より


| 5ヶ月 | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |
うわ。そんなこと書いたのね。読んで、ありゃ?これはうちの母の話?とか途中で思って、なんだか涙が出ましたわ。

もっと若くて青かったときは親との距離感もなかなかうまくとれなかったけど、ふと考えてみると、自分との相性ってことで、これ以上いい親はないかもしれない!って感謝してます。今回の異国行きの話も「お母さんの考えたことがあたったわ!まりちゃんはそろそろまた異国に行くんじゃないかと思ってた!そういうことはできるうちにやっておくのがいいわ!」ってことでした。ちいさいときから外の世界を見せて、っていうのも流れでそうなったのだけど、考えてみれば女の子に対してなかなかできることじゃないかも。と思うし。

書いてくれてどーもありがとう。たぶん母に「さえちゃんが日記に書いてたよ」とか言ったら、まあどうしよう。って緊張しそうだわ、母。小心者なので。。私が日本に戻って、機会があれば是非また実家にも遊びにきてください。
| Mariko | 2007/01/11 11:09 AM |
>ちいさいときから外の世界を見せて、っていうのも流れでそうなったのだけど、考えてみれば女の子に対してなかなかできることじゃないかも。
そうだと思います。私の母はそうじゃなかったので。もう心配で心配でって、いつも窮屈でした。はは
だからきっと自分もそうなりがちなんだろうけれど、反面教師で、最初にぐっと抱きしめたら、あとはあたたかくほうっておきたいです。最初にぐっと抱きしめたら、こどもだって外の世界に興味をもちやすいし、もしちゃんと抱きしめられなかったら、自分はあまり愛されて無さそうだと感じて生存の危機から外界への興味なんて持てないと思います。
外界に興味津々の子供にするには、まずはぐっと抱きしめることだと思ってます。

>自分との相性ってことで、これ以上いい親はないかもしれない!って感謝してます。
そうなのかも。母上にお会いするまでどんな素敵なお母さまなんだろうと思っていたけれど、ああ、このお母上にこのmariko嬢なんだなあってすごく納得しました。


なんかこうやってね、親しい友人のお母さまが、昔、今のわたしと同じように子供に愛情を持っていたんだなあ、つまり私の友人はとても愛されていたのだなあ、とわかるようなことがあると、もうなんだか経験したことのない種類の嬉しさを感じますよー

わ、わたしも微妙にはずかしいので、母上にはどうぞ内緒でひとつお願いします!
| sae | 2007/01/11 3:18 PM |









トラックバック機能は終了しました。