mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
寝ハゲ防止毛玉
首の左右の動きが激しくなってきました。
後頭部に、毛のかたまりができています。俗に言う「虫虫(ムシムシ)」です(私の実家ではそういう)。これを、放置していると毛が抜けてハゲができてしまうらしいので、毛玉のところだけ切るとよいそう。『私たちは繁殖している』より
そこで二玉ほど切ってみました。ちりちりしていました。こうしてすくすく毛は伸びます。
| 3ヶ月 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラジオとへぐたんとお昼寝と
 
 片手でおしゃぶりし、もう片手で頭の後ろをいじいじする、それがへぐたん流おしゃぶり  
 世間の3連休は・・・初日のいとこの結婚式に午前中からはりきって顔を出し、さんざ飲んで涙流して興奮して帰宅し、夜ご飯はハッスルして実母の分までわんさかつくり、翌日は7時台に起床し、雑用をこなしに数時間も夫と散歩したり。
 やっと人並みに動けるのが嬉しくて調子に乗っていたここ数週間。どっぷり疲れが溜まる。疲れが出る。昨夜はあまりの頭痛とだるさに夜はすしをとり。海の物を食べれば元気が出ると思って〜。おいしかった〜お寿司・ラブ。だが本日、朝ご飯のあとにしっかりお腹をこわした。もうだめです。
 原因は、冷えてきたここ数日の夜に、お腹を出したまま夜中に授乳していたこと。普段ほぼ添い寝のままあげる添乳をしてしまうので、まんまとお腹が冷えた。それとまだ疲れやすい時期は完全に終わっていないようすの産後三ヶ月。だいぶ回復したけれどまだ体力は完全ではないようで。友達のママに相談したところ、この時期に乳腺炎や風邪になったりしたようだ。別の友達ママは、産後でホルモンが変化したりしているので体調も崩しやすいかもね、とのことだった。
 たしかに!毎日胸から液体が出るような体になってしまったし、その乳の色も、最初はやけに黄色っぽかったけど(免疫成分が濃いとか)、最近は牛乳よりも白くててちょっと透明感がある感じ。体もどんどん変化しているのでしょう。母乳の成分も微妙に変わるそうだし。
 しっかりお腹を壊したので、昼間はお腹をあたためつつ、ラジオを聞きながらいくたんとお昼寝をした。オアシス特集をやら。懐かしい。コーネリアスの音楽は水分が多いのだって。FMはDJも話し方がきれいでいいなあ。J−WAVE。ラジオって、音がアナログ的でキンキンしすぎなくて、今更ながらitunes入れないような昔の曲が流れたりするので、いつもちょっと懐かしい気分になってしまうの。だから、こういう初めての育児の日々を、怒濤のまま過ごしていつか、ああ、もう戻れないんだなあ、って大きくなったへぐさんを見ながら、今日のことを懐かしがったりするんだろうか、と思ったらどうしようもない気分になった。
 最近は、朝6時半には子どもと起きるという友達ママを見習って、早くへぐを寝かすようにしている。目標8時台。だがしかし、起きるのも早くなって、今まで6時半くらいまで寝てくれたのが、3時半〜4時に一回目の目覚めがあるもんだから、私眠くて・・・気分は慣れたと思いきや、まだまだ体は慣れません、子育て。
 近所に、おかしいくらいやすい八百屋を発見し最近有頂天。大根10円、ピーマン一袋(5ヶ入り)10円、ゴボウ詰め放題128円(6本入る。普通は2本で158円とか)など日替わりで目玉商品がある。たまに夕飯のメインおかずが60円くらいでできる日がある。今日の買い物でも通常より600円くらい浮いたので、小さなかわいいリンゴをひとつ買った。頭使って節約して浮いたお金で、100円でかわいいリンゴが買えるなら、それを見ながら午後のお茶が出来るなら、私はいくらでも節約するのだ、そして、リンゴを買うのだ。
| 3ヶ月 | 00:30 | comments(3) | trackbacks(0) |
"布オムツ生活を楽しむ人に100の質問"
こんなものをやってみました。"布オムツ生活を楽しむ人に100の質問"↓続きを読む を御覧下さい
すごーく時間がかかってしまった・けれど、今まで絶対やらなかったおむつの計算などをしてみたら、面白かったです。おむつが取れる平均2歳半までの、2年半使用で、完全紙おむつだと、一人23万4000円(月齢があがるにつれて頻度が低くなればorあまりおむつを交換しなければもっと安い)もかかるなんて!!おむつ屋大繁盛じゃないですか!私だったら、がんばって宣伝するわよ、世の中の赤子はすべて紙おむつにさせるわよ!
今まで知らなかったLCRなるものを知りました。何ですか?これ?


汚れが落ちるしくみ>洗剤を使わずに水の分子に働きかけて汚れの成分を落とす、洗剤に使われる有害物質を少なくしようと、環境保全の目的で開発された家庭用洗濯用の発明品らしいです。わたしの物欲を掻き乱します。こういう、分子でなんとかします、というものにとても弱いのです。効果を絶大に期待しちゃうのです、洗剤水で水をかき回すだけで、本当に汚れが落ちているのか、幼少の頃から疑問でしょうがなかったのです。だから大人になっても、いつまでも回っている洗濯機の中を眺めるのが好きな大人になってしまったのです。わたしはひとりで回る洗濯物を見ながら、悦に入り、ミクロの世界を想像して、疑問を馳せているのです。そんな時間が好きな新米主婦なのです。
 なのにこんなけったいなモノが?試したい、試したい〜〜・・・
 そうすると、もう洗濯物から洗剤のにおいはしなくなるのか?お日様に干すと良い匂いがしていたのは、今度は何の匂いになるのか?しかし、洗剤が20箱くらい買えるくらい高いな〜 でも欲しいなあ〜

続きを読む >>
| 3ヶ月 | 18:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
へぐたん3ヶ月目の日々
あら〜、意図せずへぐたん、パステル〜
かわいいやねえ〜〜。。うっとり

おとなのもの かわいくなーい 

続きを読む >>
| 3ヶ月 | 11:42 | comments(6) | trackbacks(0) |
甘いものとかわいいもの
 なぜか早起きに成功し、午前から大音量でスカパラをかけながらちゃきちゃきと家事をこなすも、午後3時におそばを食べたら電池切れ。いっちょまえに黄昏泣き(別名コリック。生後3、4ヶ月の赤ちゃんが、突然激しく泣き出し、授乳、ミルク、抱くなど何をやっても泣きやまないこと。原因は不明らしい。はてなより)、なんてことをへぐたんがやってのけたので、ものの小一時間で、私お得意の、「キィーー!」となってしまった。黄昏泣きって、きっと急激な成長で体や心が不愉快なのよね、きっとそうだと思うのよ。原因不明、だなんて勉強不足だわよね。
 小包を送る用事と一緒に外に出た。ぼー、っとしながらベビカーを押す。こんなときには、甘いものが食べたい、乱暴な甘さではなくふんわり甘い位が良い、そしてかわいいものがみたい、囲まれたい。くるっとベビカーをまわし遠回りして近所の雑貨屋さんへいく。小さいけど好きなのです。ここは下町。こんな雑貨屋さん、オアシスなの。たまには、おばちゃんセンスのわたしも、渋いものから離れたいときがあるの。白に水色、赤に銀。ああなんてかわいいの。ガーデニング用のスコップセットと、青とピンクのスプレー容器を買う。スプレーは、五色唐辛子の埃をとるためにね。

わたしの五色唐辛子、なぜか二色なの・・・毎日これでシュッシュとやって、ぴかぴかの実を、わたしに見せてくれ。クリスマス色の雑貨屋さんは、かわゆいものたちできらきらしていた。
あとはこれ発見。

右後ろにあるのは4月に行った京都で買った母子手帳入れ。
黄色バージョンは初めてみた。名前がわからないけど、今まで、赤×黄、ピンク×黄、をもぎって一輪挿している。

ピンク×黄。これはもう枯れた。


 そして甘いもの。ハーゲンダッツのバナナキャラメルタルト味。チョコのお菓子アルフォート。夫も三日目の怒濤の徹夜仕事の目処がつき、いくさんが寝た小一時間に、小池屋のりしおも一緒にアールグレイを入れて夕方二人で飲む、食べる。チョコとポテトチップのデュエットね。茶でも飲まなきゃやってられん。へぐたんが、恨めしく思えてきたもの。会社つとめしていた頃は、あと5倍くらいのストレスを溜めていたけれど、会社の仕事はいくらでも憎めるけど、へぐたんを憎みたくはないの。だから毒ガスは気づいたらすぐに抜かないと。
 やっぱり主婦でも金曜日は疲れるものなのね。一日が過ぎるのは本当に早い。

続きを読む >>
| 3ヶ月 | 23:40 | comments(5) | trackbacks(0) |
「とらのゆめ」と奈良美智  
     
 昨日のこと。初の、電車でQuiny zapp!をクリアし、お友だちのおうちへ。やはり車内がすいているときでないと折りたたまない状態では乗れないですね。
 秋のものを食べましょう、ってことだったが秋を通り越して冬!鍋!準備のあいだ、私が虎視眈々と狙っていた絵本「とらのゆめ」をさっと取り出し、手渡す友人。マニアック〜。
 絵がとてもきれいです。シンプルです。シュール、なんて言葉で言ってしまっていいのかためらわれる物語。元保母さんのお友だち曰く子どもが大爆笑する、とのことだったが、一体どこで大爆笑なのか興味津々で、ここかな、ここかな、と予測しつつへぐたんに読み聞かせた。アートアートしてて嫌味な絵本だったらいやだなあと思うも、そんなちんけな物語ではなかった。ああ、わたしも探さずとも大爆笑したい。

 家主Mariko女史は、美術にとても造形の深い人。奈良美智を愛している人。先日青森での展示でポストカードの冊子を手に入れてきたらしく、気に入ったものを一枚くれると太っ腹に言った。奈良さんの絵はポストカードになっても一枚に重みがあるよ。いちばんへぐたんに似てるものがあった(写真上)。ビリビリっと、勢いよく彼女は冊子からカードを剥いで私に手渡した。
 彼女曰く、
『へぐさんの不機嫌な顔は私似 へぐさんのくりくりした顔は夫似』。
わたしも本当にそのとおりだと思う。はじめて言われたとき、何故だかとても嬉しかったの。
 へぐのすごいほっぺ、前から奈良美智を彷彿せずにはいられなくて、だってこのほっぺ、すごい円周率。きれいな、円の線。へぐのほっぺが丸くなったとき、思った。ああ、奈良美智の描く絵はものすごくほんとうなんだな、と。

 ちょうどテレビでやっていた一家に一家訓についてやいやいとおしゃべり、「13歳になったら一人旅をさせる」、「早寝早起き」、「逃げ足は速く」が良い家訓と評す。

鶏肉つみれがじわーんとしみる美味なお鍋でした。ごちそうさまでした。
 
 
| 3ヶ月 | 23:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
お食い初め〜11.12 生誕100日め〜

 お食い初め、やりました。生誕100日祝いです。へぐさんがこれからの人生食べ物に困ることがないように、という願いが込められた儀式です。
 人類の長い歴史、これだけ飽食なのは現代だけ。人類の歴史をノート数ページにわたって作ったら、現代は1㎝じゃねーか?!って昔驚いた記憶があります。縄文とかは3ページくらいあるの。社会の授業でやったことない人すみません。そんなとき、私は現代人として何かを人類が支配したかのような気でいたと、おこがましかったと思えます。 さて、こういう儀式、たくさんあるのです。一例をご紹介。↓
---------
・出産の内祝い
赤ちゃんの名前のお披露目の意味もある
・命名とお七夜
赤ちゃんが生まれてから最初の筋目
・お宮参り
赤ちゃんが生まれて初めて神社にお参りする行事
・初節句を祝う
子どもが生まれて初めて迎える節句
・初誕生を祝う
赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いする
・七五三を祝う
子供の厄をはらう (All Aboutより)
---------

 今でこそ、母子ともに健康で生き続けているのは当たり前だが、それは人類の歴史の中では本当につい最近のできごと。昔は、妊娠中も、出産時も(ここは多かったでしょうね)、産まれてからも、一歳になるまでも、ちゃんとした大人になるまでも、、、それぞれのポイントや段階で、なにかしらのアクシデントやら病気やらで、いまほどの生存率はなかった時代。だから昔の人はたくさん子を産んだのでしょう。実際私の父の兄弟は総勢8人らしいですが、私が物心ついた頃からは5人しかいません。わたしもそれ以上のことが聞けません。おそらく戦時中に産まれた父と父の兄弟は、何かしらあって3名お亡くなりになったのでしょう。
 そんなことで、親やまわりの大人にとって赤ちゃんの成長の節目というのは「ああ、ここまで生きられた・・・。」と心底喜び、安心し、お祝いをしたのだと思います。医者や病院のせいにもできないような時代だったのですから。

 で、お食い初めです。母が来てくれました。
 いろいろしきたりはあるようですが、簡略化&オリジナルでやりました。わたしとしては、こういうイベントは、自分が古風な考えだから、というより、もう赤ちゃんが産まれてからは今まで大人になってから普通にしてきた遊びやレジャーやエンタテイメントやらはずいぶんと限られてきたわけで。大好きなライブも野音も(これはもう少ししたらね。)芝居観たり芝居出たりオールで酒飲むとか(やりたくないけど)、映画館さえ行けません。だったら出来ることの中で工夫して楽しくイベントしようよ、という考えです。だからなんでもいいの。実際。
続きを読む >>
| 3ヶ月 | 17:00 | comments(9) | trackbacks(0) |
並ぶ親子。

徹夜明けの夫(奥)とお昼寝のへぐ(手前)
は今から就寝です、の図。午前11時。へぐはおっぱい満腹の一時的な眠り落ちなので、そのうちオシッコをしてすぐに目覚めるでしょう。
 
 そして妻は朝ご飯の片づけを。今日は大掃除の日。気持ちが大掃除の日。明日はお友だちとそのベイビーが来てくれるので、気合いが入るのです。人が来る前に掃除の気合いが入る私を夫はいつも「そういうの、やだ。」と不服そうに言います。「嘘をつくのは、面倒くさいとある日思った」らしいです。わたしもいつか、「散らかってる部屋が好きなの。」とか行って客人を部屋に入れたいです。かっこいい。へぐたんには、わたしみたいなうそのつき方をしない、普段から身綺麗な女子になってくれたらすてき。こんな母だけど。反面教師。
| 3ヶ月 | 12:09 | comments(2) | trackbacks(0) |