mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
5感を使わないおとな

子供は五感で生きている、と言われます。

なんでも触りたがりますし

なんでも口に入れようとします。

世界を確かめるために五感を使いまくるわけです。

オトナになると、

名前や意味を教えてもらうだけで満足してしまったりします。

 
なんかいいな。わたし蟹座です。
たしかに、名前をきくと、急に「なになに?」という気持ちがなくなったりする。
子どもを日々見てると、自分がいかにそういう風になったかがわかる。
なんかつまらない大人になったもんだ。


| 3歳3ヶ月 | 01:31 | comments(0) | - |
まとめてずらーり



しぶしぶ父につきあい、かなり遠方まで1人でヘグを連れて、父の姉にあたる伯母へ会いに行ったときに買った花、丸菊。この種類なら、プレゼントで老人介護施設に入った伯母にあげてよかったのか、現在甚だ疑問です。誰か教えてください。伯母は、78だけど、「菊でしょ?」と普通に認識していました。だってちょっとまえに花屋ですごくきれいな菊があったから、観賞用に買ってもいいですか?と花屋に聞いたら、「ダメです。お仏壇以外はだめです。」と言われたことがあったの。

●一年前くらいのマンマーマンをなんとなしに見ていたら、あまりに気持ち悪くなり、つい消してしまった。
そもそもこのブログは、ヘグが大きくなったときに見て楽しいといいな、という目的のもの。消さなくてもよかったのかもしれないが・・・・・・。でもキモかった、自分。

●今週末は七五三です。「いちごさん」と彼女は言っております。まあわかんねーだろう。
七五三とは・・・・・
この世に生を受けた魂が、この世にちゃんと定着しますように、三、五、七歳と神様にお願い&感謝するイベントです。と大学の頃習いました。四九日の逆バージョンです。
学生の頃は、全然ピンとこなかったけど、今ならぴんと来るぜ、なんたって、産まれてからしばらくは、赤ちゃんに向かって、「いきなり生きてる小さい人いるけど、大丈夫?こないだまでこの世の中に存在してなかったけど、なんか色々大丈夫?」って毎日思っていたから。

不二家さんの千歳飴買ってもたせるー♪あー楽しみ。今日は自分用の着物を箪笥から出すのが大変でした・・・。
わたしが七歳の七五三に母が着てた着物を着る予定。裄長いんだよな。。

●幼稚園の制服採寸(といってもホールに並べてあるのを着せるだけ)がありました。制服に総額42,850円もかかりました。最低限のものだけでです。オプション制服はまだまだあって、紺の体操用のパーカーがすごくかわいかったんだけど、そしてへぐも気に入ってたんだけど、、、2940円、断念しました。
もう絶対今後3年間無駄な私服は買わまい!さあ、守れるのか自分。


| 3歳3ヶ月 | 00:28 | comments(0) | - |
忙しかった
           


11/15無事七五三参り終わったー。なーんかとてつもなく忙しかった、1日には幼稚園願書提出、入園手続きのもろもろ、新しい保育園、送り迎えの日々、七五三。栃木からもおじいちゃんおばあちゃん、こっちからもおじいちゃんおばあちゃん。わたしは3歳も7歳も両親だけだったぞ。
着苦しいだろうに、結局気に入って一日ちゃんと着てた着物。母が選んだ割と古風な柄、手鞠柄。
わたしははじめての赤い自転車も、ワニ皮のくすんだ赤茶のザラザラのランドセルも、母が選んだ、地味で渋めでみんなとちょっとズレてた。まあ、悪くないか。

今週末は、映画祭である。(いらしてネ。13;10〜)舞台挨拶・・・・のせいか、ちょっとナーバスになる。緊張してるのか?どうなのか。映画に出演しといてナーバスとかいってさむいな自分。と思っていたら、思い出した、大学の頃、ミスコンに自らエントリーし、学園祭の一週間前にナーバスだとかいって当時の私のボーイフレンドに「わたしナーバスなのよ」メールを送ってよこしてた人(女)を。そして自らミスコンなんぞにエントリーしておいて、どの口が言う、さむ。イタイな、ウザ。と思っていたことを。



| 3歳3ヶ月 | 01:35 | comments(6) | - |
第10回TAMA NEW WAVE


 22日、TAMA NEW WAVE、多摩市が主催する映画祭にて、先の映画『ヘビと映子と佐藤のこと』が初上映されました。

今まで、テレビの画面でじーっと、地味で地味で地味な編集作業を繰り返してきました。それが、お客さんが100人以上いる映画館で、大きなスクリーンで、クリアな音質で、みんなで作った映画が上映された間の33分、ずっときらきらした気持ちを味わいました。みんなが観ている、みんなが観てくれてる、そんなどきどきが胸から体からあふれていました。ただすてきで楽しい、それだけの一日でした。 

応援してくださった皆みなさま、本当にほんとうにありがとうございます。 
ご来場くださった皆みなさま、観てくださって本当にうれしかったです。 

コンペティションの結果、最優秀女優賞をいただきました。やったーーーみんなで穫ったぞーーーー! !!中央右にいる青い人がわたしです。

また上映の機会がありましたら告知させてください。 
たくさんの方に観ていただきたいです。 

これからもよろしくお願いします。 
| 3歳3ヶ月 | 00:09 | comments(4) | - |
初の乗船〜三宅島


というわけで、22日は朝から一日映画祭、実母も義母も夫も義弟も、ほんとは義妹も来て貰うはずだったから、前々からヘグを預ける人を父に決めた。のだが、父はその日、祖国三宅島へ帰るというので、一緒に連れて行って貰うことにした。大勢で植林してたようです。
映画祭前日、朝から出かけて爪にジェルを塗って貰い、髪にデジタルのパーマネントをあててもらって帰ってきてから母と新橋へ行き、ゆりかもめで竹芝桟橋へ。じいじいと一緒に6時間船旅して三宅島へ2泊行ってきた。(乗船前になにかサインしてる父)
へぐは、三宅島行きを決めた2週間まえから、「へぐ、おっきーーーいおふね乗る!」と超楽しみにしていて、予定通り楽しそうに父と手をつないで船に乗っていった。
父は、昔から小さな子の世話をするのが好きみたいで得意なので、特に心配はいらなかった。
ちょっと前、わたしと夫の家族全体写真を見て、全員を指しながら順に名前を言っていったのに私の父だけ「この人だーれー?」と言っていたので、この際ガッツリ覚えて貰うにはいい機会だった。

わたしが妊娠出産育児してる間に、世の中は変わった。爪に塗るモノはマニキュアからジェルに変わり(今までより10倍以上もつ)、パーマはデジタルになった(これはもっと前からか)。なんか頭にすごく重いモノをたくさんつけられて、あたまから配線がごちゃごちゃ。


| 3歳3ヶ月 | 22:03 | comments(2) | - |
たらこ
    


このたらこみたいな髪飾り、好きなんだよなあ。
たらこではなく、これは絞りといいます。いつか黒の総絞りの訪問着を手に入れたい。ピンクのたらこは3歳女児の特権だなあ。


| 3歳3ヶ月 | 23:33 | comments(0) | - |
プロの愛


保育園の先生が、へぐちゃん粘土人形を作ってくれた。
かわいいし、似てる。プロはすごい、こうやって子どもを喜ばすんだなあ。家に持って帰る、ってさわいでたけど、これ油粘土だし、あとは潰してまた何かを作るだけ。
これはわたしも、作ってもらったらうれしいなあ。
この嬉しさって、なんか、自分の体の中に地面があるとしたら、土が軟らかくなって、栄養がいっぱいで黒々しててよく湿っていくような、そういう喜びに近いと思います。

| 3歳3ヶ月 | 00:08 | comments(0) | - |
保育園の送り迎え
        

なんか空が魚の骨みたいに雲が一面にならんでて、すごかった日。保育園に送りに行く途中だったので自転車をとめて何枚か撮りました。引っ越して、保育園がすごく遠くなった。自転車で行ってるのだけど、往復して30分で足りないくらい。田舎は子育てに不便だ。車社会の街は辛い。最近は寒いし子乗せチャリはパワーも使う。かなり一仕事。。
こんな雲がもっともっと5倍くらい広がってました。

写真を撮ってる間のへぐといえば

   






なんか犬と
犬「ワンワン」へぐ「ワンワン!!」と言いあいっこしてた。


| 3歳3ヶ月 | 14:33 | comments(6) | - |