mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ご報告
ご報告です。18時59分、無事に出産しました。昨日丸一日、この約十か月間、一緒に待っていて下さったみなさまに、とても感謝しております。心より心よりありがとう。

感想:第2子以降を作る、世界中のママたちを、歴史上のママたちを、無条件で尊敬します。あの人たちは神様だ。
お産は、腹の底から腹をくくらないと、産まれない。うだうだしてると地獄が長引くだけ。

出産記録。
2006/8/5
3064g
はながぷちゅんとした女児

丸一日、夫が一秒一秒、頑張ってくれました。尊敬しました。お疲れさま!
| 0ヶ月 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
退院
久しぶりの雨音にうっとりとしつつもこれ台風なのか、またたくさん被害が出るのかな、そんな風には思えないよなきれいなおと。タタタン、ポタポタポタン、このいいおとを聞かせたいけど、彼女は満腹でくったり寝ている。
私もくったりだ。体を使ってくったりだ。ゴールと、スタートの地点のことばかり考えていた数か月だったので、それ以降のスタートしてからの数日はカルチャーショックの連続だ。
 大変ながらも幸せな日々、を想像しつつも、そこに「痛い」ことの連続があるなんて思いもつかず。「あなたよくお産したわね。」と毎日女医さんにあしらわれる極度の痛がり屋には、それなりに戦いの日々だ。というのもやることなすことすべてが自分の体を張って、体を使うことばかりで、いたっ!いたっ!!…っつー!!ばっかり。はわわ、痛いのって結構疲れる。
 検診で泣きわめく彼女にはまたもや「お母さんに似て大騒ぎなのね。」とちくん。ちくん。ああ騒がない大人の女になりたい。
 自分が動く度に、あまーいあまーい匂いがする。彼女もここ三日でずいぶんとせっけん臭さからミルク臭さに変わって、よい。
 こんなに日々痛いことの連続だとは思わなかった!と友人に言うと、はははと笑われる。たくましさに惚れそう。まだまだついてゆきます。
 しかしこの顔はほんとに痛み消しでずるい。
 慢性寝不足にはこのあまいにおいは酔いそうなほど、、、っうう。寝よう。
 今日は退院です。
| 0ヶ月 | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
産褥期
よめます?
さんじょくき。です。むずかしい〜出産直後の時期。
産褥期、こんなに体がきついと思いませんでした。
トイレに行く、ごはん食べる、で精一杯。お乳あげると完全に屍になれます。
いやぁ、里帰り出産ってとても理にかなってますね。わたし甘くみてました。
家事なんて、洗濯物を洗濯機からだすだけで泣きたいくらい疲れへろへろになります。
腰から下はまったく力が入りません。
おまけにマタニティブルーにもしっかりなりまして、ものすごく悲しい気持ちになってさめざめと泣いたりしてます。理由は赤ちゃんのベッドが届かない、とかそんなこと。
妊婦のみなさまー、みんなそろって退院したら実家にいこう。
まじで無理ですよー
現代の核家族化の落とし穴。
そんなわけでみなみなさま、九月もなかばをすぎまして、涼しくなったらお会い致しましょう。
パソコンを、開く気にもなれません。

出産は、富士登山、休憩なしで登山下山。
| 0ヶ月 | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
娘寝た
一気に左右ずつお食事タイムにしてくれればよいのに、娘、左10分、げっぷ→うたたね、右15分とやるもんだから授乳タイムは一時間コースになってるここ数日。
こないだまで30分ですんだのにー。
娘は、げっぷが苦手なうえに、相当なガブ飲みをするので一旦満腹になっちゃうみたい。
授乳後のぐったり感が何に似てるかわかった。おなかをこわして、30分くらいおトイレで腹痛と戦って、やっと大波が過ぎ去ったときに似てる。だから毎回軽く脱水症状のように。というぐったり感。頭もぼーっとする。産むときは出すのに似てるし。

でも、娘はすぐお食事にならなくても、怒って泣いたりせずに、じっと目を見開いて待っているので、母いわく、辛抱強い子だとのこと。夫似だな。

長年自分の胸というのは、当たり前のようにセクシーポイントだと思っていたけど、今は娘の食料タンクになりあがった。
そんなわけで、セクシーでもなんでもないこのタンク、そのうち外出先でぺろっと出しちゃう日も近そう。
このタンクは優秀なようで夜中も次のお食事タイムまで三時間もつのは相当ラッキーだと助産婦友達に言われる。

で、おなかいっぱいになると、かたくなにおちょぼ口をして、「もう、わたしいらないのヨ。」とやる娘がいとおかし。欲しいときはまるでツバメのヒナですよ。

| 0ヶ月 | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
自主的軟禁生活
夏に軟禁生活しています。
夏のものはすべて窓の外からの音でしか享受しておらず。
打ち上げ花火の音。雷と夕立の音。お祭りの音。お御輿担ぎの音。
この中で、一番行こうかな!と心が踊ったのは、やっぱお祭り。花火よりお祭り。
いくたんも、もしかしたら、まつり(茉莉)ちゃんだったからね。
までも、体が老体なのでもちろん自宅待機。こんなに大人しい夏を産まれて初めてしています。私はといえば、授乳したり搾乳したり授乳したりして一日が終わります。
おかげさまでだいぶ体力も回復!18キロ増えた体重も、13キロ落ちました。あと5キロで元通り。女体って、すごい。

やれ海だ!水着だ!バーベキューだ!花火大会だ!三宅島だ(父の田舎)!ビアガーデンだ!オールでドライブだ!怖いスポッツだ!デートだ!一夏の恋だ(終わるつもりはないのに)!スイカだ!
・・・と忙しなかったつい最近までの娘時代の私。こんなに落ち着いて夏を迎えられるほど大人になると思わなかった!
まあ産んだ日は大暴れだったけどね。気失うほど暴れました。

数年後には、夏に娘よりはしゃぐ私に戻ってることでしょう。
私の夏は、所属劇団の公演が終了したときに終わったのです。

しかし暑い。家の中でも暑い暑い夏です。
| 0ヶ月 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
こなれてきた
あちゃー!乳50mlこぼしてもうたーけっとばしてもうた、床にすわせてしもうたー
わーん
搾らずに直に吸わせりゃいいじゃん、てとこですが、どうして私がせっせと乳搾りしてるかというと、最近赤ちゃんと私のリズムが合わないらしく、吸いながらむせてしまうのです。乳のでる量やペースと、赤ちゃんの吸って飲むペースが合わない。
なんで、ほんとは5分はいきたいのに、1分で片乳が終わっちゃって、もうめんどくさい。そのうえ、たくさん空気も飲んじゃうので、いつまでたっても一回の授乳が終らないのです。
哺乳瓶はむせることはないので、最近搾ることに。なんか二度手間。
そんな大事な乳をこぼしてしまったのでへこむ。

赤ちゃんはすごい。
昨日は零式の三人がお祝いに会いに来てくれたのだが、時間の少し前から目をぱちくり。ぐずりも泣きもせず、待ってます。私にしてみれば、一日20時間くらい寝てて、お腹すいたときだけ泣く娘と一緒なので、人が来る時に起き出すのが不思議でならない。なんで??で、普段起きてるときは、「う〜〜〜ん!!」と「うえーーーー」とか、おやじみたいなうめきばっかりしてるのに、お客さんの前ではそんな声出さないの。偶然かとも思いましたが、客人が来る度に同じなのです!
母に、人が来るのがわかるのかと聞くと、「赤ちゃんはすごいよ。」とのこと。微妙な私の変化、めがねはずしてる、はしたない格好をしてない、ちょっと掃除してる、、、みたいな動きから察知しているみたい。
で、最後はちゃんと赤ちゃんらしくちょっと泣く、ということをやってのけた娘でした。
| 0ヶ月 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
強くなりたい
さてさて。
長らく「ニンプーマン!」ブログを書いてきたのですが、これは妊娠期間限定にし(出産レポートを書いて終了の予定)、新たにブログ開設します。名前は「マンマーマン!」にします。
名前に込められた意味。
「強くなりたい。」
です。
「マンマ」ってたぶんイタリア語?マンマパスタ、とかいいますよね。で、これはいつか夏木マリさんが言ってたイメージそのものなのですが、片田舎のイタリアの、どーーんとでっかいマンマ(ママ)は、子だくさんで、たくましくて、たくさん大皿料理とか毎日つくって、毎日笑って、だんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。
パリも南仏も大好きだけど、イタリアも大好きな私。なんかあのラテンの血が、とっても好き。会って3分で「踊ろう?」とかいっちゃうラテンの血が好き。

産む前、人生で一番痛いことをした後のことなんて、あまり考えてなかったのですが、産後2週間は、「まだあるの?まだあるの?!」ってなくらいに、痛いことの連続だった日々。
その日々の間、常に思っていたこと。

「ああ、強く、、、強くなりたい!」

少年ジャンプさながらのヒーロー漫画の弱小男子のごとく、毎日ぼーーーっと渇望していたのでした。
で、何が痛かったか?というと

●産んだところが痛い
●お手洗いに行くたびに痛い
●座り方を変えるだけで痛い
●つまり一日中痛い
●授乳が痛い(赤ちゃんの吸う力はけっこう強い)
●子宮が収縮していくのが痛い(重い生理痛の倍以上)
●胸が張って一日中痛い・寝れない(仰向けも横向きも痛い)
●その張った胸をほぐすマッサージも激しく痛い
●乳首とは、噛まれ、吸われ、血まめになりながら強くなるらしい(助産師や友人曰く)

もう、全部痛い!のでした。そして痛くて涙を流す日々でした。
産む直前、分娩台の上で赤子の頭が出てきたとき、彼女に向かって、
「お、お前かーーーーー!!(痛いすべての原因は!!)」と思った私。
今痛いのも、すべて赤子さんのためです。だから強くなりたいのです。今から、二人目のお産は楽なのかどうかが、とっても気になる毎日が、ちょっぴり嫌なのです。(どうやら二人目は楽らしいですよ!でも、陣痛の痛みはきっと同じだよね・・)
痛みに耐えてよく頑張りたい。
そう思う毎日です。ひとまずの目標は、そのうち赤子さんに歯が生えてきて、ある日授乳中に噛まれても、「とうとう噛まれちったよ〜あはは〜」と笑えるくらい強くなることです。
もう、痛いからって、いちいちめそめそ泣いていたくないのです。

そんな決意をこめて、「マンマーマン!」を近日開設します。今まで赤裸々なことを書くのがためらわれ、そんなことを気にせずに書きたいことを書きたいので、早くそんな素敵な場所を作りたいのでした。
たとえ子どもを産んでも、恥じらいのある女性でいたいのでした(ほんとうか)。
| 0ヶ月 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
お誘い
今朝娘をおっぱいバーに誘った。私の方から誘うのは初めてだった。寝てたのを起こそうと試みたけどだめだった。できれば夜は長めに寝たいので、私も積極的にあきらめた。あきらめにしぶっていたのはおっぱいの方だった。つくり過ぎてるから。
もうすぐ一月になるので、はやく安定してもらいたいものだ、おっぱい。
そんでどこでもかまわず出かけたいものだ。

| 0ヶ月 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |