mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あけまして






無事お正月を迎えました。セイユーで買ってきたおせちです。おせち料理は色どりがラブリーだし日本酒にめちゃ合うしほんとにいい料理だけど1回でいい。おせちは、正月くらいは食事の準備をしないでさぼりたい、ってんで、できた文化だと聞いてますます好きになった。何しろ色がかわいい。
一日元旦にはへぐの熱もけろりと下がったので、勢いで移動。お正月は愛する栃木へ帰ってました。みなさん、今年は栃木ブームですよ。今年はってことないですけど。マンマーマンもU字工事もよろしくお願いします。栃木は存在感のない県全国1位らしいですが、わたしの中では茨城県より存在感あります。栃木は佐野ラーメンうまいし餃子うまいし栃木牛うまいし日光あるしウィンタースポーツできるし温泉わんさかだし栃木市は古都蔵の町でラブリーだしほんと国内旅行に迷ったら栃木に行って、佐野アウトレットに行ってください。佐野アウトレットはすばらしいです。
今年のM−1はU字工事がんばってほしいなあ。

栃木の宣伝でスタートしましたが、本年もどうぞどうぞマンマーマン一家をよろしくおねがいいたします。





4日、中友たちと新年会した。集合写真撮影の前のようす。
子供5人、大人12人、部屋が家畜小屋さながらぎゅうぎゅうでした。騒いだ〜角部屋ばんざい。おとなりさんすいません。




| 2歳5ヶ月 | 02:46 | comments(5) | - |
地味な





年明けの仕事始めの一週間が終わった。家に帰ってきてご飯を作ると、ヘグと戯れる時間がないまま一緒に9時に寝て起きて、電車乗って一週間が終わった。ネットで姓名判断をやりまくった夫が、
「Saeの姓名判断をしたら、ひとつ、『共働きのみうまくいく。』って言ってたのがあったよ。」だって。家に帰ってくると片付いている。来月はもうちょっと家事しよう。
新しいしごとは、ほんとーに地味な仕事だと思う。社員さんが使った交通費などの支払いをカード会社と連携して管理する。「地味〜!」と思いながらひとつひとつの仕事をしてる。じゃあ派手な仕事ってなんだろう?と考える。広告とかマスメディアとか大きい建築とか巨額な金融とかゲーノージンとかかな。そんな仕事は主にトウキョウで行われてて、日本全国でみてみたら、あまりないなー。大半というかほとんどの人は、地味な仕事をしてるんだ。みなさまおつかれさまです!
地味な仕事でも派手な仕事でもどっちでもいいんだけど、自分の知ってる人でも知らない人でも、だれかがいつか、あーよかった・・・とか、わはは!とか、最終的に思ってくれる仕事なら、けっこうなんでもいいかな。そういう意味では、今の仕事は悪くないかなあー。ハハも良い仕事なんだけど、お金稼げないからキツイんだよなー。
今の会社のすきなところは、本社から出向してきてる仕事ができる上司と話せること。頭の回転が良さがすっごくすがすがしく、気分爽快な映画を見終わったかんじを味わえるのが、やめられない。ついつい「あのー、」と聞きに行きたくなっちゃうのです。そういう上司に限っておちゃめで笑顔が爽やか、余裕のなせるワザですかね、タバコくさいおじさんですけどね。


| 2歳5ヶ月 | 10:15 | comments(2) | - |
仕事とへぐとわたしと夫
最近なかなか写真をとれなくてばたばたしています。アップするものがないなあ、と思い、書けてないなあと残念です。
年末から私がはじめた仕事で、へぐの方はそれなりにストレスが溜まっているようです。
年末夫の実家へ帰省したときは、夜中に起き出して1時間ほど泣き叫び、最終的に「しんぱいしなくていい!」と言われました。
また先週も、夜中に起き出して泣き出し、どうしたの、どうしたのーと聞くと、「つかれちゃったの!」と叫んでいました。
そうかそうか、疲れちゃったのかーごめんねーと抱っこしてたら5分後に眠りました。
毎週のように、発熱。
昼間は、いつもにこにこ機嫌良く、熱が出ても機嫌良くしているけれども、潜在的なところで我慢をしているんだと思います。大人になってるんだなとも思います。かわいそうなことをさせてるかもしれないけど、おかあさんが悪いね、とはあまり思わない。
人はいろんなことを我慢しながら生きていくのだ。
仕事は楽しい。私はやっぱり管理部門のしごとが好きなのかも知れないと思う。管理部門とは、総務とか経理とか人事とか?今は人事よりの仕事だけど、毎日知らない人から、小さな「助かりました」や「ありがとうございました」をたくさんもらえるのが、たまらない。金曜日に疲労感と達成感を感じてテンションがあがる感じも幸せなことだと思う。昔よりも、日々働き生活する、ということに満足できているようにも思うけど、まだ始まって一ヶ月。一年経つとこれもまた日常になってゆくのか。
しわのない洋服を着て昼休みのあとはメイクを直す、そんな生活は夢の又夢のように感じられた、へぐを産んだ年の冬。おっぱいをあげ、着てる物はいつも少しお乳くさい、少しずつ、そういう原始的な時間が流れる世界から、戻ってきたような気がする。
家族以外の人から注意をはたらきかけられることは人を元気にすると思う。社会の中にいることを感じさせるようなことは、大人になると必要になるのか。
夏にあった高校の友人は、2児のハハ、専業主婦の自分に、旦那がいつもほめてくれるんだと言っていて、そういうのは必要なことだと思った。わたしは家事育児がそこまで上手じゃなかったからあまりほめてもらえなかった。
夫はひたすら家事をがんばっているよう。今週は残業続きで食事が9時、へぐの就寝時間が11時なった日は、さすがにうんざりされた。けどまだはじまったばっかり。長い目で改善の道をめざすつもり。やっぱり子どもは8時に寝かしたい。なんとなく。
そんなこんなで明日は金曜日。先週ひいた風邪でのどがぜんぜんなおらない。あー痛い。




| 2歳5ヶ月 | 00:23 | comments(9) | - |
インフルエンザとタミフル
インフルエンザになって、思ったこと。
数年前、インフルエンザになったら、最低でも三日間は38度以上の地獄を体験した。4日目の朝にふらふらで熱が下がったのを感じ、ふらふらでげっそりした自分を鏡で見た。インフルエンザとは、重度の風邪のようなもので、人類は100年以上前からインフルエンザとつきあってきたようだ。一度、100年前にスペインでパンデミックが起きて、4,5千人が亡くなったらしい。
それでも、お年寄りや、もともと病気などで弱っている人以外は死んだりしない。それなのに、最近は、タミフルという強い薬で、一日二日で熱を下げるようになった。わたしはリレンザという吸入薬を処方されたが、これも翌日には熱が下がった。驚いた。
そもそも人間は、体内に入った菌やウイルスと戦うために、熱を出している。熱が下がったときに人間は戦いに勝ち、抗体を体の中に作る。そうして、強くなっていく。成長する過程で、何度もこうして熱を出し、戦い、抗体を作り、抵抗力をつけてゆくはず。なのに、熱を数日早く下げるためにこうした強い薬を、2歳児の体にいれていいものなのか?3日か4日でも、熱を出して寝ていればいいのではないか?具合が悪いときは休み、熱を出して戦い、熱があっても元気があればおえかきやテレビを見たりすればいいのではないか?
そう思えてならなかった。結局へぐは3日タミフルを飲んでも翌日昼には熱を出し、また病院へ夫母に連れて行って貰い、もう2日分タミフルを処方された。ちょうど一週間たってヘグは熱が下がったのだけど。
タミフルは、世界中で8割くらいが日本で使われているらしい。高価な強い薬が、湯水のように使われている。なにかおかしいような気がする。
こうやって、なんでもかんでも薬で解熱して、抗ウィルス剤や抗生物質をがんがん使って、自分の体で抵抗力を強くできないで育ったら、どうなってしまうんだろう?と恐くなった。

けれど、へぐの熱と自分の熱が下がったとき、ああよかった、と私は思った。これで一日でも会社を休むのを少なくできる、ああよかった。と思った。用事を潰さなくて済んだ、ああよかったと思った。タミフルが日本で売れまくっているのは、こういう日本の文化なんだろうと、ふと同時に思った。
風邪でダウンしたら、みんなに迷惑をかける。一日でも早く治さなければいけない。みんながきっと、そう思っているんだと思う。
風邪ごときで一週間寝込む、なんて、なかなか許されないもんね。
でも、体の悲鳴にはムリはしてはいけない。今度わたしが妊娠したり出産したりして、少し余裕があって、へぐに保育園を休ませられるとしたら、タミフル処方でないやり方があるのかお医者と相談して、何日でも熱を出させてあげたいと思った。

| 2歳5ヶ月 | 21:00 | comments(4) | - |
インフルエンザ





インフルエンザを患っていました。先々週の金曜日、38度、翌日土曜、36度6分、インフルエンザA型は、一度熱が下がることがあるらしいです。しかし翌日は39度。「2歳の子どもがいるんですけど、うつりますよね?どーしたらいいですか?」とお医者に聞くと、「じゃあコレをプレゼントであげます。」ともらった、機動隊みたいなマスク。インフルエンザ菌を通さないとか。(かっけ・・・!)と大人が思った物をやはり子どもが見逃すわけはない。おかーさんのマスクちょーだい!とたちまちへぐのものになった。
2日後にへぐもしっかりうつった。
今日ではふたりとも復活です。



| 2歳5ヶ月 | 21:50 | comments(2) | - |
おたたみ





洗濯物をたたんでると、まねしてたたんでくれる。ていねいにていねいにたたんでる。
ただ布が重なってるだけなのに、へぐがたたんだだけで愛らしい。これ私目線。



| 2歳5ヶ月 | 21:52 | comments(0) | - |