mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
崖の上のポニョ



ポニョポニョ、やっと観てきました!
いやー、よかった。すごくよかった。2時間ずっと胸がいっぱいでした。自分宮崎アニメ信奉者ではないんですが、や、やっぱやるね、駿さん!と思わずにいられませんでした。
(以後ネタバレなので知りたくない人は読まないで、観てから読んでくださいね)




なんか全体的に、絵本みたいにしたんだなーと思った。背景水彩色鉛筆?タッチだし。描線も色遣いもすこぶるシンプルだし。CG使わなかったらしいけど、CG技術がさほどない時代から、たとえばラピュタが崩れるシーンの膨大なコマとか、この方のこだわりが成す、ワザの歴史で作り上げたんだなーと思ったり。CG、いくらでも使ってすごいシーン作ってもいいのにね。アナログチックにして、絵本みたいにして、たくさん広げた伏線を投げ出したままにできるようにしたのかな。

ポニョかわいいねー、大波の上をスピード狂で走ってて、しかも真顔、超かわいかった。
一度人間になったりまた魚になったり、あまりルールがないのも面白かった。
ママのリサは、魔女宅のオソノさんみたいだし、千尋のリンみたいだし、相変わらず駿監督がツボな女性なんだろうなー。でもわたしも好きだよ。ふてくされてベッドの上に足投げ出して寝る、とか、もういいね。あれ足と体がきもちーんだよねー、いやーわかってる。でもちょっと、「私は不思議で奇想天外なことを受け入れられるステキな大人」みたいなしゃべり方が気になった。もっと、フツーにそういうことが大丈夫で、子供にたしなめるんでなく、お風呂入りたいねーみたいなかんじの生理的な欲求の延長として、「なんか不思議なことがいろいろ起こってるけど、今は落ち着こう。」って、言って欲しかったなぁ。

一番好きだったシーンは、序盤、幼稚園にポニョを持って行って、見つからないように岩場にかくれたときに、ポニョを波のやつらにさらわれたところを、リサが迎えに来たとき。
そうすけを抱っこして、そうすけが持っていたミドリバケツを、手を後ろに回して自分で前で持つ、という動作がよかった。おっ!っと思って盛り上がった。
子を抱きかかえて歩き始めた0.5秒後、その歩くリズムとそうすけの重心を維持したまま、持ち物を持ちかえると、絶対そういう動きになるよねーみたいな、淀みない気持ちの良い一連の動作。5歳の子を持つお母さんなら誰でもができる、その当たり前のリズムとか流れ。
似たシーンで、幼稚園へ車で送るときに、脇道から来たトラックが一瞬ブレーキをかけてスピードダウンし、リサとそうすけの車が先に道を通り、「おはようございまーす」とリサが言って通り過ぎる、あの、皆がその動きを理解している淀みない、気持ちよい流れ。
駿監督は、ポニョはすべて、この動作のように、淀みない動き、リズム、自然の流れ、みたいなのをとても大切にして、絶対守って作ったなと思った。

たまにそうすけが駿監督に一瞬見えたり、恋物語かよ、とか思ったけど、波打ち際の波が生き物だったりポニョがハムが好きだったり、うんうん、そうそう、とすんなり納得できるんだ。子供の頃、ファンタジアー気取る訳じゃないけど、岩場の波を一日中ずっとみてて、生きてるでしょ、って思ってたの。
あと「おかーさんだーいすき、とーってもこわいよー」っていいセリフだなー
あとフジモトはどーでもいいキャラっぽいんだけど魅力的。過度の乾燥防止のために水まきしてるとかいって、ああこの人、ぜったい、生きている中で、その場その場の状況で、正しいことができない人なんだなーという可笑しさがあったり、海に去っていくときの振り向きざまの姿勢がすごくよかったりしてちょっとステキだった。服のセンス最悪だけど。駿監督は中性ヨーロッパみたいなの好きなんでしょうかね。

まだまだ、いっぱい語りたいよー物語のスジ以外で。ストーリーの深読みはあんまりしなくていいかなー。ポニョのおかあさんオッパイ大きくてすてきだったな。

誰かこんな話でよかったら私と語ってください。
あと2回は劇場に観に行きたいな。今日は月曜だったので、ワーナーマイカル2人で行くと1人1000円。1000円でこんなもの観れるなんて。

| 2歳1ヶ月 | 19:31 | comments(2) | - |
まちぼうけ




先週は青山裕企くんの写真展へ。和田画廊へ。入って正面にあった、日本家屋の押し入れからルーズソックスを履いた細長い足が出てる写真がとてもいいなあと思った。見に行ってよかった。
やっぱり大きく引き延ばしてある、力のある写真は、見応えがある。へぐは画廊の床で寝そべったり走り回ったり。

↑の画像の本の帯の左から3番目の写真です。わかりづらいね。





今週は新宿でスロウ☆ライダー「トカゲを釣るー改ー」を観てきた。よく言われてるらしいけど、黒沢清ぽかった。まあまあよかった。

今日はまた新宿に観劇してきます。






この写真がすごい2008
この写真がすごい2008

| 2歳1ヶ月 | 12:19 | comments(3) | - |
強い気持ち



芝居のチラシを見てるわたしとまとわりつくヘグ。いつもの2人らしいです。

秋は春よりスタートな気分です。気持ちいいです。極寒になるまでがんばります。極寒は極寒でがんばります。半年くらい続いてたブログ更新の強い衝動もうすくなりました。今はちょっとちがうことに強い気持ちがわいています。妊娠してからずっと待っていたことです。残念ながら二人目じゃないけど・・・
ああ、子供産む時期とか年って、戻ったりすすんだりできたらいーのに。ねー。育児中の今は3年すすめて、生むとき5年戻るー、とかね。
マンガ 『しんきらり』で
「(子供は)若い時分にワケわかんなくて産んで育てるものだわね」「そうヨ おまえ トシなのさ」「体力じゃないの」。
というのがあるのです。

また
「―こんなふに取ったり付けたりするのが夫婦だ
長い
長い――
夢の中にいた
あの人にめぐりあって6年
”結婚して10年
あわせて16年”もの夢

わたし 自分を
無欲な 平和な女だと 思っていた
結婚生活に 過大な期待を もたず
ただ平和な日々が おくれたらと ささやかな・・・
夫婦が 長く平和に― という望みは 
「ささやか」な望みなんかじゃ なかった
こんなに激しい夢って なかったんだ
夢からさめて どうしましょうかね わたしたち・・・・」

と思いながら夫の頭をくしゃっとして「髪 のびたね」と言う。
ほんとどうしよう、わたしたちったら4年めなのに16年めはどうなっちゃうの。
こんな気持ちは、結婚を目前にひかえたときには想像もできなかった、ちょっと絶望に近いようだけど、暗くはない。あとがきで、『絶望は灰色じゃない』とあるけど、そうだと思う。あったかくて爽快。

冷蔵庫の中で溶け始めた人参。帰ってこない亭主。出し忘れた回覧板。溜まってしまった洗濯物。畳の上の家埃。発熱したこども。国民年金の督促状―これらのものに包囲された時、主婦はアル中になるか、漫画家にでもなるほかはないだろう。(あとがきより)


わたしはブログをかいていたことで、ぎりぎりアル中にならないで済んだのだろうかー。ありがとう、weblog。

とまあ海底みたいな記事を書いていますが、あいのり観てキャーといってレッドカーペット観てワッハッハといってイロモネアやスリーシアターを欠かさず観ながら毎日ピカピカ生きています。しんきらりを読んでいると、つくづくわたしは30年前には結婚できなかったなと、今でよかったとつくづくつくづく思うけど、今の時代もそんなに変わってないのかな。あと30年して、へぐの時代にはもっといい時代になってたらいいなー。って書いてみたら意外とかくことがあった。




| 2歳1ヶ月 | 11:20 | comments(0) | - |
ただ






ただ「わーー」と言うだけのあそび。へぐちゃん、おまたのボタンを留めてませんね。
| 2歳1ヶ月 | 12:27 | comments(0) | - |
かわいいへぐちゃん語
JUGEMテーマ:育児




さいきんのへぐ語を記録しておこ。
おにぎり→おぎり
あさりの貝→ちょうちょ
ちょうつがい→ちょうちょ
味噌汁のなめこ→どんぐり
うどん等めん類→ちゅるちゅる
ヘグの赤いコップ→カッパチーノ


昨日夫に「もうsaeは政治家になれば?」とサイゼリアで言われました。なんでかというと、今の世の中に怒っているからです。ここではほとんど一切書かないようにしているけど、わたしは今の日本の世の中にいろんなことで怒っているのです!だからしょっちゅうぷりぷりしています。がまんできる不公平とがまんできない不公平があるのです!女の人って、結婚すると変化がすごく大きくないですか?女子という性に産まれたことで、もうずっといろいろ我慢して生きてきたのに、さらに我慢しなきゃいけないことが増えてもう耐えられません。わたしはフェミニストなんでしょうか。いや、それでは片付けられません。でも政治家にはなりません、発言小町に投稿します。
おこっていること
○なぜ低容量ピルは保険がきかないのか
○なぜ妊娠・出産にお金がかかりすぎるのか 医療に出産を預けたなら保険きかせろ
○なぜ極小ハリで腰痛ヘルニアの手術ができる発展した現代医学なのに未だに分娩は麻酔なしなのか(一般的にまだそこまで広くない) 意味がわからない さらになぜ痛い思いして産まないと愛情がうんちゃらなどくだらないことを言うのか 意味がわからない さらにつわりは精神的なもの、など乱暴なことをなぜ言えるのか もっと妊娠を研究しろ 
○なぜ子育てにお金がかかるのに、子供預けて働こうとすると託児費が高いのか いじめなのか
○子供がいると発熱・病気のリスクにそなえて、仕事を選ぶときに、より責任の少ない仕事を、なぜ妻だけが選ばなければいけないのか 

制限が多すぎる!
| 2歳1ヶ月 | 05:30 | comments(15) | - |
おぎり






23日秋分の日。チャリチャリと近くの河原へ行きました。
夫が一時間かけて作ったお弁当。どうして一時間かかるのかは謎のままです。ひじき煮とナス肉炒めはおかずの残りなのにです。
秋風の吹く爽やかな空と川。ビールもなくおにぎりとおべんとう。ああいいなあ。
2個も3個も卵焼きをほおばるへぐ、2個も3個も「おぎり」をほおばるへぐ、おどるへぐ







ちょっと横に行くとスクラップくずの山。岩井俊二好きそうー、と夫。
広い空をぼーっと見ていたらやっぱりいろんなムカムカすることを忘れて、あーひとは一週間に一回くらいこういうことをすればなんとなく健康的に生きていけるんじゃないかなあとか思った。


| 2歳1ヶ月 | 23:20 | comments(3) | - |
無印良品週間です
やってきました無印良品週間です。
メンバーでなくてもサイトからクーポンをプリントアウトすればいーんですよー。





昨日から14日まです。まってました早速ラップ詰め替え用2本と、おちわたふきんと、アップル&ローズヒップティーを5袋買いました。ローズヒップティーは美容業界ではかなり有名ですが、薬局の袋詰めのものよりこの無印ティーバッグで飲むのが一番手軽でなんか好きです。今、315円のところお試し価格285円のさらに10%オフで260円弱で買えます。1袋10包なので一日26円でぷりぷり肌になれます。おすすめです。
衣料品も初秋のものがあふれているみたいでお買い得になってるので2枚買い足しました。
今年はあと、新しく出た超音波のアロマディヒューザーと、チェックの膝掛けが欲しいなあ。
今日は気持ちいいなあ、最近秋が一年で一番いいと思います。
昔は夏命だったけど・・若かったなあ。。



| 2歳1ヶ月 | 10:07 | comments(10) | - |