mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第2公園

6日の午後は犬のネオ君のお散歩と一緒に歩いて近所の公園へ。デジタル一眼の電池は昼に消えました。夫のリコーのコンパクトカメラで。なんかいつもと違くて面白いのだ。
ぼよんぼよん↓はあると必ず乗りたくなります。

フォトバイオット。
| 1歳9ヶ月 | 00:03 | comments(0) | - |
だい2こうえん





だい1こうえんはまだ知りません。
| 1歳9ヶ月 | 00:11 | comments(0) | - |
だい2こうえんまで


ダーチャン(夫母)と、よいしょ、よいしょ。


てくてくてく。

あ、なんかとちぎに来てると考えてることがとてもシンプルになります。
| 1歳9ヶ月 | 00:15 | comments(0) | - |
スパルタなアスレチック
  
  

夫とヘグー。
だいにこうえんのスパルタなアスレチックに果敢に挑み、どちらかというと疲れたのはおとうさん。
| 1歳9ヶ月 | 00:18 | comments(0) | - |
5月6日


お昼は近所のお山まで。葉桜並木をドライビングしてもらって乳茸(ちたけ)うどんを食べる。乳茸がおいしいんだ、炒めたナスと濃いめのつゆにとっても合うのだ。ハイキングしてきたらもっと気持ちいいだろう、山下の景色。



こういうのいいな、すきです。

| 1歳9ヶ月 | 14:21 | comments(0) | - |
5月6日午前中
   

午前中に近所の素敵公園まで。夏のような日差し。カラカラの空気。次から次へと目移りしてあそぶへぐ。




   

で、ぼよんぼよんがあると必ず乗りたくなります。
続きを読む >>
| 1歳9ヶ月 | 14:26 | comments(6) | - |
母性


突然だけどわたしは母性が強いと思っている。ヘグーをかわいいと思うから、という理由ではなくて。子供が生まれる前から、わたし母性が強いのかな、と思うことがけっこうあって、たぶんそれは星座占いで「かに座の女性は母性が強い」というのを小学生のころからよく見てたからではと思う。刷り込みってこわいものです。自分の中で断片的に起こる母性に幼いときから少し敏感で、それを早くから受け入れられていたような。星座占い、って信憑性をかんじるの。
母性ってなに?と思うと、かわいい奴になにかしてあげたくなっちゃう、というようなお節介ばばあ精神が根本だと思う。(かわいげのない人にはむずかしいの)
お母さんなんて損な役回り、やだ。というわがまま放題も強く持ったままこうしてなんとかお母さんをやってられるっつーのは、母性があったからのような気がする。
子供を持っても、母性が少ない人もいると思う。こういう子育ての若干閉鎖的な日々は我慢の連続だったりするのかもしれない。母性っていう言葉って、子どもを産んだ女の人に押しつけられた、都合のいい道具なのかもしれないなと思うこともある。
わたしには便利な道具がひとつあってちょっと助かっている。

社会科学的なこととか比較文化的なこととか社会心理学っぽいことに興味が津々。とくにやっぱり子育てにまつわることだとくいつきがよくなっている。社会科学ってあまりウラ(実験の検証)がとれないから、自分の感覚で当たってる当たってないか考えられるのが楽しいのだと思います。
最近はひまだから本もよく読めるようになってきた。昨日読んでた新書「世界一ぜいたくな子育て 欲張り世代の各国「母親」事情 」が今までマンマーマンブログで書き溜めたわたしの「ん?」とか「あれ?」とか「なんかいや」みたいなことをすっぱりと割って目の前に取り出してくれるので、面白い。先進諸国の子育てママ事情の考察の本。
子育てが女性のライフスタイルの、「選択オプション」になっている、というのがそもそものわたしが感じていた気持ち悪さの根本らしい。わたしも、できれば自分の人生のオプションとして、子育てをすることはできないのか、いつも考えていたように思います。主要コース、ではなく、あくまで「オプション」。欲張り世代なのですね。ええ、欲張りなのは、認めます。
このような、世代の考察みたいなのも意外と好きです。昔から、恋人になるならタメの人が好きなのも、世代が同じ方が説明がいらないことが多いと思っているからだと思います。

写真:お気に入りの猫ちゃんのおしりをふきふきしている。これも母性の一つなのか。
こういう遊びは男の子はやらないようです。とすると、女性の方が先天的に母性を多く持って生まれてくる、ということになるんだろうか。



| 1歳9ヶ月 | 23:43 | comments(2) | - |
3年前は


栃木にいくとき特急は北千住から。北千住のスタバ横の本屋さんはミーハーな本がたくさんあって、けっこう楽しい。スタバのポテトチップはすばらしいな。
ちょうど3年前のGWは、初めて夫の家族にご挨拶に行った。最初だからスーツくらい着て行きなさい、と母に言われてスーツ着たものの、服を忘れ、お家に着いてすぐお義母さんに私服を貸してもらって着替えたのだった。懐かしい。とても緊張した。遠い昔のようだよう。
夜、中華料理屋さんで、年内に結婚を考えていると伝えたらとても喜んでくれて、「tkくん(夫名前)には無理だと思っていた」、(夫の妹に)tkくんみたいな人が挨拶に来たらどうしますか、と訊いたら、「ころす!」とお父さまがおっしゃっていたのが今でも忘れられない。つぼだった。2ヶ月後に婚姻届を出した。ここから届けを出すまでの間、めくるめくスピードで自分のことと周りのことが変わっていき、めまいをしかけてた。

| 1歳9ヶ月 | 11:49 | comments(3) | - |