mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
10ヶ月


 へぐは今日で10ヶ月。
成長のきろく。
好きな物
 メガネ、携帯、リモコン、などでベッドやテーブルのかたいところをガンガン叩く。
嫌いな物
 ゴム風船、無糖のヨーグルト(朝食りんごヨーグルトならOK)、掃除機
心と頭の成長
 食べたものがおいしいと笑って手を叩く
 おいしいねーというと 〃
 すごーい!というと  〃
 音楽で拍手が聞こえると〃
 ごちそうさまでしたとおじぎするとおじぎをする
 振るというよりぶらぶらさせてるだけのばいばい
 小さい子が好きで会えると興奮して寄っていく
 ぱぱぱぱぱ、まんまんまんまんまー、はぁ!、えっくい、あたーたー、などの発音
 興味を持っていじっているものをとりあげると泣く、怒る
運動
 つかまり立ちをする
 ゆっくりとしゃがむ
 はいはいが早くなってきた
 いないいないばあの遊び方がわかる
 布を渡すとたまに自分でもやって遊ぶ
 早朝はわたしの体をアスレチック遊具として遊びまくる
食事 
 一日3回食 おもに米、うどん、ラーメン、そうめん、パン、の繰り返しに
 緑黄色野菜、豆腐納豆などの大豆類、植物性タンパク質、白身魚などをぐちゃぐちゃにして入れたものを食べる だしを入れるとよく食べるようだ
見た目
 かなりおでぶ 腹すごい
 太ももがありえない太さ はいはいしてるのに全然痩せない
 顔が超かわいい
 黒い

以上特に親ばかではないと思います。

 

続きを読む >>
| 10ヶ月 | 10:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
くらい!
 いやー、暗かったなー。なんでこんな暗かったんだろうーってほど暗かったです。
そんなわけで一週間もブログ書かなかったしな。ある程度元気がないと書けないマンマーマンです。
 さいきんは、5時半起き。へぐが5時半に起きるから。今までの家だとまったく起きられなかったのだけど、今の家は、朝から自然光が入りまくるので体が起きやすくなった。
 そしてやはり日中は非常に疲れてる。以前、ママ友&中友でへぐより8ヶ月お姉さんの子供を持つharukoちゃんが、一日家事育児をし、20時にお子を寝かし、それから旦那さんが帰ってくる22時くらいまで、何もできない、ただずっとぼーっとしてる、テレビも疲れるから観ない。と言っていて、ひえーー・・・と思ったことがあった。テレビもドラマも大好きだったわたしがだよ?と言っていた。へぐが3,4ヶ月くらいでその子が1歳くらいの時だった。でも今それがすごくわかる!わかるよー。
 だってねーもうほんといつのまにか疲れるよ。たくさん動くしなんでもいじるし動きすぎで危ないし。おむつがえも暴れ出すから一苦労だし、3食食べさすのも自分が食べるのも一苦労だし、その間に自分らのご飯用意してお風呂入れて寝かさして、ってやったらもういきなり21時くらいに一緒に寝ちゃったりしてるし。
 
 母が県民の日でお休みだったので遊びに来た。近くのみそラーメン屋にいく。ケータイ屋さんでタダでもらってきた赤いサンプルのケータイがさいきんのへぐのおもちゃ。
 それを、店で、耳に当て、「デヤー、デヤー!」と何回でもやるへぐ。驚く。たぶん電話かけてるフリ。わたしのまね。しかも、他のお客さんのいる方へ向いてやる。
 「わたしお電話かけてるのよ、すごいの持ってるのよ!」
 そんな感じ。帰りしな、眠りこけたへぐを見て母が「こんなベビーカーに乗ってる赤ちゃんとは思えなかったよね。」と。ほんと、へぐたん、進化してるのねえ!母は毎日楽しいよ。疲れるけど!
| 10ヶ月 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
やわらかい髪

 昨日へぐの髪を切った。長くなってきてあせもがぽつぽつでてきてきたから。お昼寝中に本つげのくしとはさみ、そーっとそーっと横髪をきった。やわらかいやわらかい髪を切った。ちょっとショートのへぐちゃん。今日は前髪を切った。おんざのへぐ。眉毛より0.5センチくらい上をまっすぐに。あかちゃんの髪が伸びたら、結ったり留めたりするんだけど、やっぱりぱっつんにしたいの、わたし。髪を切ったらかわいーくなったへぐちゃん。加速する親ばかと、朝方(7時くらい?)に見えた富士山。雨上がりの晴れは景色がすごくいい。

 

 昨日の続きで、暗いことについての考察。
 わたしはくらい。元気だしわりと社交的だけど、ほっとくと思考が元からくらいので、はっと気付くと「やばい、今の考えは暗い、卑屈だ、食えないわ!」ってもみ消してます。なので明るい人がほんとうに好き。自分は死ぬまでそうはなれないと思っているので、憧れるのです。今丁度テレビに出てるベッキーとか。明るいのって気分が軽いしパワーが出るし、いいなって思う。なので、わたしの回りにいる根っから明るい少数の友達を大切にしたい。そして暗い人も大事。暗いときに波長が合うとほっとするから。それでちょっと元気にもなるし。 
 暗いのをよしとしようと思ってなくて、暗いことが美しいともちっとも思ってないので、わざと暗いことを言うのが好きそうな人のお話とか聞いてられない。暗いことはそこそこコンプレックスなので、元気が出なくて思考まで暗くなっているときって、あーやだやだ自分、って思う。
 だからわたしはこのブログのタイトルみたいにイタリアのマンマみたいになりたいの。食べて歌って愛そうよ!ってイタリアの陽気で明るい明るい元気でおちゃめなマンマ。イタリアがそういうイメージなのはわたしの勝手なんだけど!
| 10ヶ月 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しいおうち

 書き忘れてた!6月6日に新しいおうちに引っ越しました!やー、とってもいいおうち。オットの仕事場ができ、リビングも広くなり。追い炊き機能がつきました。
 その他オプション
●天井が広い 声がひびく
●バルコニーがやたら広い
●ベランダがふたつ 布団干し放題
●回りに高い建物がないから床に座ると景色がほとんど空 なんと富士山も望める
●床のフローリングがいけてる
●キッチンが黄色で超かわいい
●日がとってもはいるので夜まで電気がいらない
●照明も電球スポットがついてて素敵
●駅から近いし駅回りもお店、銀行、役所、図書館などがすべて近い
 マイナスオプション
●お風呂がちとせまくなった


といったかんじで総括していいおうちです。家にいることが断然多くなったので、もっともっと住みやすく居心地の良い場所にしようと思って日々細胞が生き生きしています。へぐもはいはいがいっぱいできていいかんじ。日が入るので朝日とともに起き出すおかげで毎日5時半起き。
昨日は遅めの初IKEA、キッズルームに燃えてきました。伸縮ベッドが素敵だね。子供用の伸縮ベッド、次の要お買い物用品だなー
 IKEAは何がスゴイって布。テキスタイル。さすがの北欧テキスタイルだね。布の質もいいし、柄もいい。安っぽい手芸屋さんの布を見るたびにこんなんじゃ創作意欲が湧きもしない、と思うけど、IKEAに次回は布中心でお探りしようときめた。


 わたしは先週人差し指をさっくり切って、まるでソーセージの端っこを切り落としたみたいな指の肉の破片がまな板のうえに落ちてから、水仕事を一切しないでくさっていました。やっと復活してきたので、料理でもしようかと思います。
 その間作ったものと言えば、1時間かけてかぼちゃハンバーグ、大根餅、包丁をあまりつかわないカレー、くらいです。
 さいきんは、ビニールプールを物色しています。もう少ししたらへぐの水着も買ってみんなでプール遊びするぞ。


| 10ヶ月 | 12:20 | comments(3) | trackbacks(0) |
囲うか放しがいか

 とうとういいや、と思った。一日でも早くサークル的なものが欲しい。へぐをぽんと置いておいて、小一時間の家事を済ませられる、へぐの小さなおうちが欲しい。欲しいの!
 いろいろ考えた、カラーボックスのような1段の本棚を横にして、それを2辺として壁際に四角いスペースを作ろうか、とか、そしたら「家具スベール」を使おうか、とか本も片づくね、とか、でもそんなDIYする余裕はない。 
 私 檻みたいなビジュアルじゃないもので、小さくてもいい、転んだり何か危ないモノがない空間を作りたい
 夫 なるべく広い方がいい 行っちゃ行いけないところだけガードする、っていうかんじにしたい
 でまた昨日もモメました。子どもができるってわかったときは、あまりに家が子供用子供用した感じになるのはいやだなあ、なんて思っていたけどね。しょうがないね。おもちゃは増えるし洗い物は増えるし、ベビーカーは玄関を支配するし子供用のイスやらベッドやら体積を埋めるわ。しょうがないわ、だって、大人じゃない人が増えてるんだもんね。
 で、わたしは檻っぽくないかんじのシースルーみたいなガードがいいなーと。 
 これ↓とかいかにも、ってかんじだけど、アリだと思う。

しかしまー、こういうのまで揃えてさ、ほんとお金かかるね。日本の景気を良くするには全国子沢山にさせることだと思うよ!親はがんがん買うよ、自分らの服なんて買わずにさ。
 近所にいいかんじの託児所を見つけた!6月中なら登録料半額2500円、1時間640円。すばらしい。モンナカで960円で良心的だったけど、さすが千葉はさらにお手頃価格!2時間無料体験してからの登録となるようなので、明日昼間に預けることにした。そしてまた家を整理するのだ!
 月に何度か預けられたらわたしすごい楽だわ。美容院だって気軽に行けるし、うれしいな。夏だから、一年に一回夏だけやっているペディキュアをやりにいきたいの。従姉のみどりちゃんのとこに。
 昨日やっと『木更津キャッツアイ〜ワールドシリーズ〜』を観た。やーとっても良かったです。日本シリーズより良かった。ぜひ映画館で観たかった。でも出産真っ只中だったから逃したのだよね。でも横でへぐがきゃーきゃー言うので面白いセリフをいくつも逃した。また夜に観ようと思ったけど、またまたへぐと一緒に子どもの時間におねんねしてしまった。
| 10ヶ月 | 13:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
つかまらないたっち

お母さんから初サクランボ。そうめんをつくったら夫がぽちょんとのっけたのがラブリー。
 
 右手に『花とアリス』、左手に『SATC』のDVDを持ち、すっくと立ち上がってふらふら、ふらふら、しだいにゆっくり座った。一昨日のこと。昨日は公民館の児童ホームで、手押し車でがんがん歩いたよ。すごいねーびっくりだね、つたい歩きが日に日にうまくなってる。足の筋肉がついてきてるのか?バランス感覚がついてきてるのか?知らない間に急激に体を操ってきています。
 児童ホームでへぐの横で、手を挙げて口を開けてバランスをとりながらよちよちよちよちあるいていた男の子は、なんと一週間前にはじめて2,3歩歩いたのにもうひとりでいっぱい歩いているみたいで、お母さんが慣れない動きでキケンから赤子を守っていた。歩くのが楽しくて仕方なさそう。昔、一輪車の練習で、壁から壁へ、だんだん遠くに、長い距離を練習したのを思い出すような、そんな歩き方の練習。いきなり赤子が立って歩くと生き物が宙にタテに浮いてるみたいでなんか視覚的に不思議なんだよね。

こりゃーまずいですー ミッフィサークル明日くる!
 
| 10ヶ月 | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうせ家にいるんだから、という発想

 にちようび、4月にうまれた夫のはとこちゃんに会ってきた。
 まだまだちーっちゃいの。かわいい。ちっちゃくてかわいい。自分たちはこのころはまだ、虫みたいでなにがなんだかこっちもわけわかんなくて、なんだかいろいろ大変だしコミュニケーションとれなくてつまんないーとか思うこともあったけど、やー、とっても可愛い。赤ちゃんは無条件で、息してるだけで愛される存在なのだ。
 赤ちゃんのお母さん、ゆきちゃんは普段は元気にお仕事をしてて、とてもきれいでちゃきちゃきはきはきかわいらしい人。ママトークやら妻トークやらわんさかしゃべる。みんなで出産秘話もげらげらしゃべる。楽しいのだ、こんな親戚っぽい時間は。ふと、
 「もう二人目も、産道がやわらかいうちに産んだ方が楽だ、どうせ家にいるんだから。」と、ゆきちゃんが言った。なーるーほーどーー。と目からウロコのワタシ。
 そうねー、そうなのよねー。これわかる?わかるかしら?子どもできて、なかなか仕事する、金を稼ぐ、ってことが現実的じゃなくて、まあ保育で預けたりすれば仕事はできるんだろけど、なんというか、経済的に女も自立してなきゃ!とかいう価値観もエライと思えなくて、役割分担じゃん。気負ってもしょうがないじゃん。そんなに資本主義社会と子育てって合理的にできてないじゃん。お金もらえなくても子育てって大仕事じゃん。てか今の赤ちゃんとの時間がすごく刺激的で、面白すぎて、いろんな意味で価値があるように思えて、資本主義社会においての自立、ってことが一番大事なことに思えない。そう思うことについてくるリスクは負うつもりだけど。どっちも大事なの。さらに女性が仕事を持つことが格好いいか否かみたいな話までなっちゃうともう、萎える。どーでもいいよ・・・おそらくわたしたちの世代ってそういうことを刷り込まれてきた世代だと思うの。女性の自立は、女性が手にしたくて訴えてきた権利であって、女性が女性を窮屈にさせる価値観ではないから。選べるということも大事。みたいなことをぐるぐるぐるぐるぐるぐる考えていたワタシ。
 でもね、どうせ家にいるんだからそのうちに。ってさ、ある程度子育てしたら自分もまた色々出来るようになるんだし、家にいるんだったら1人も2人もいっぺんにやっちゃえ、ってなんかすごく明るくていいなーと。毎日毎日なんだか大変で気付くと3日経ってるし、家にいることが多いから(やれ飲み会だ、やれコンサートだ、やれ旅行だ、ってほど移動しなくなるから)なんだかずっとこの時間が続いてしまうように錯覚することがあるけど。違うじゃーん。それでもワタシは芝居のことでかなり子をおいて外出してるんだけど。
 って思うとそっかー、もう2人くらい先に産んどくかー、なんて思えたりしたり。それくらい単純に子を産みたいもんだ。悩みすぎる性格は疲れるのだー。
 でもどうなんでしょ、2人産んだ子、まじがんばってるわ。そこでわたしの予想。1人めにかかる育児労力が、単位「1オギャー」だとして、2人だときっと「1.6オギャー」くらいになると思わない?自分は慣れてくるし、‘慣れ’のパワーってすごいのよ、すべてが今までできてた自分と比べて、なかなか上手くできない自分に無意識に疲れたりしないでいいのよ、いいアキラメがつくのよ、それって大事よ。そんなにプライド持ってられないのよ。それに上の子はもしかしたらちょっとだけ手伝ってくれるかも知れない。自分の体力も少しついてるかもしれない。で、3人目は、「2.3オギャー」くらいになったりしないかしら?それでも子どものいる楽しさの単位は、3人いたら「3オギャー」だと思うのよねー。

赤ちゃんにあげたベビーボンゴであそぶへぐ。
| 10ヶ月 | 12:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
『どうぞ。』と『ちょうだい。』

 へぐが二ヶ月くらいのとき、11ヶ月の友達の赤ちゃんが、わたしにおかしを『どうぞ。』したのがもう衝撃で、いたく感動したのを覚えてる。冬の前の寒い寒い日だった。そのころへぐといったらヘコヘコうごめいている生き物だったから、なんて人間らしいんだー!と目を丸くした。
 おととい、3人大人と3ぴき子どもで、ららぽーとへ行く。
 『どうぞ』をしたみーさんは、もう自分で道具を使ってゴハンを食べる。すげー。みーさん母のharuが、へぐに、「ちょーだい!」をしてくれた。お店に入ったときから大興奮のへぐ。ちょーだい!に、さらに輪をかけて興奮。ちょーだいよ〜、と言われると、「ぎゃっぎゃっぎゃ!」と声を上げて笑う。多分言ってることわかってるよ、すごい喜んでるもん、とharukoちゃん。そうなのねー!やっぱ先輩ママはちと違うわ。それから数分、ちょーだい!が続き、みーさんがへぐに『ちょーだい!』をした。手が届くところまでへぐを抱っこすると、もってたガムシロポーションをみーさんに渡したのだった。すごい!ほぼみーさんが掴んだのだけど。でもそれはまぐれでなく、2回目はちゃんとharukoちゃんにもどうぞして渡したのね。
 私は感動した。すごいじゃないか、これを密かに待っていたの。寝返りよりはいはいよりたっちより。
 他者との係わりってものを身につけたのです。これはね、すごいことなのよ。へぐはもう生きていく術を半分ほど身につけたと同然なの。人は1人では生きていけないの。自分以外の誰かと係わり、ギブアンドテイク、持ちつ持たれつ、需要と供給、そういうものの根本を身につけたのよ。大げさなことなんかじゃないわ。これから大きくなって、妹か弟ができたら、なでなでしてあげること、おやつを分けてあげること、男の子なら女の子にお花をあげること、喜ばすこと、お誕生日の人がいたらプレゼントをあげること、おめでとうと言うこと、誰かが転んだらハンカチか絆創膏をあげること、大丈夫?って心配してあげること、お休みの子にノートをとってあげること、自分がお休みしたらノートをとってもらうこと、試験前にもノートを協力して回すこと、何かしてもらってお礼をしたいときにゴハンをご馳走すること、旅行に行ったらお土産を渡すこと、旅行先からお手紙をだすこと、嬉しいときに誰かにそれを伝えること、苦しいときに助けてと言うこと、そういうことぜんぶ
『どうぞ。』『ちょうだい。』に含まれているの。それを理解したの。
これからどんどん人間くさくなるね、これからどんどん面倒がふりかかるね、でも面白いのはこれからだよ!おめでとさーーん、へぐ!

GAPセールの戦利品。やっぱGAPはかわいいな。モスグリーン、モスパープル、モスブルー、モスブラウン、そういうものが似合います。

| 10ヶ月 | 13:15 | comments(2) | trackbacks(0) |