mamma-man
sae
2006.8月女児出産35歳

我が子はここでは「ヘグ」。「ヘグー」と泣く時期があったから。

original:「マンマーマン!」とは・・・
片田舎のイタリアのどーーんとでっかいマンマは 子だくさんで たくましくて たくさん大皿料理とか毎日つくって 毎日笑ってだんなさんからチュッみたいな、陽気なマンマなのです。強いマンマになりたい。

Renewal:明るすぎるバツイチ、マンマーマンです。

ニンプブログ ニンプーマン!

初の方でもコメントいただければ大変うれしいです。ぜひぜひ




CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE


RECENT COMMENTS




CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

mamma-man!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
3/4!ひなまつり!初節句

朝から2度も、お着替えするほどのう○ちをなさったへぐちゃん。10時から11時にかけて2度もシャワーを浴びたのでした。そんなこんなでかなりばたばたスタートしたひなまつり!桃の花も買ってきました。
夫父、母、妹、私母、父、夫と私とヘグで総勢8人のひなまつりでした。お集まりいただき嬉しい限りです。初節句。おめでとう。ほんとにおめでとうへぐちゃん。
第1弾。
まぜるだけちらし寿司とお赤飯とちょろちょろ。

第二弾。
えびづくしのお寿司!でまえ!

第三弾。
これでもかのひなまつり菓子オンパレード。このほかに桜の八つ橋と羊羹もあり。お茶は桜の塩漬けのお茶。



 とってもあたたかい日で、ニットのワンピース一枚で自転車でも暑いくらい。 
へぐはみんなに注目されて面食らった顔をしていましたが、途中、2時間ほどおねむなさりました。その間は特にやることがないので、まったりする大人たち。みんなでわいわいご飯をたべるのは、おいしいな!大家族。
夕方にやっと我が父がきて、また遊びがはじまった。こどもで遊ぶ大人。わたしもこうやって育てられたらしい。ふたつのおもちゃを交互にちらつかせて一つを掴んだら他方をちらつかす。そのくりかえし。


 今日は、さすがに疲れたのか、長いお昼寝を二回もして、夜はずっと興奮していたへぐ。わたしもひなまつり前日に出掛けたのとで、ちょっと疲れてしまい、頭痛などで夕方までぐうたらと。
 さっき、やっと夕方買い物にでかけたら、外は雨降りであたたかくて、ほこりのコンクリートのにおいがして、なんだかほっとする空気。ちょっとうきうきうれしくなるにおい。
なんだかデートに出掛けるときの気分に似ていた。出掛けるのに、外に迎えられているかんじ。よし、ちょっと行くぞ、と気分が盛り上がり、がちゃんと自転車のスタンドをけった。今日の夕飯は初チャプチェ。
そんな、ちょうど7ヶ月目の日々。  

さて お雛様はいつしまおうかな。
| 7ヶ月 | 01:18 | comments(9) | trackbacks(0) |
痛さとかわいさの需要供給曲線
地域の児童館が大変素晴らしいので、いつか行こう行こうと思っており、今日昼過ぎに行ってみた。午後になると、幼稚園あとの大きい子たちが来てしまうので、午前がいいよ、とは聞いていたのですが。
 小一時間で帰ってきた。ちょうど、ママ達がお昼のお弁当を食べていて。児童館に行くと肩に名前のシールを貼るのだけど。まあそれはいいのだけど。。
子どもは、子どもの中にいるのがいい
と弟が以前言った。それは正解だと思った。大人の中に常にいるのは、いろいろあまりよくないように思う。大人はあやしてくれるし察してくれるし、でも子どもは大人の言うことはあまりよくわからない、それに子どもがどうすれば大人が喜ぶのか、ということに心を費やすようになるのは、あまり良いことと思えないのだ。つまり子どもが計算をして子どもらしくかわいらしく演じて振る舞いだしたら、おそろしい。
そんなわけで児童館へ行って他の子どもと触れて貰おうと思ったのだが。だが。
 この地域は、こぎれいでステキな感じのママが多い。みんなきれいにしてる。そんなママたちのなかで、まあ学生時代のクラスでいったら、あまり目立たなくて地味なかんじの、色遣いで言ったらモノトーンみたいなママがいて。そのママはなんか1人でいた。わたしはへぐと絵本コーナーでまったりしてたら、そのママのこどもの女の子が来て。4人でまったりしていた。
 そこへ2さいの男の子が来て絵本をみた。女の子は近づいて覗き込んだ。男の子は背を向けた。女の子は泣き出した。そこへ男の子のママ、こぎれいなママがやってきた。「ごめんねー、きっと、みるな!ってやったのよね」と、くねくねノリよく言った。
 女の子はふえーーと泣いている。なんかいたたまれなくなった私。
 きっと、こぎれいなママは、「あの子と遊んじゃダメよ」なんて、きっと、言ってないと思う。でも、男の子は、いつも近くにいるこぎれいなママたちの子どもじゃないから、無理にやさしくとか親しくしなくてもべつにいいんだ、って肌か毛か何かで、感じてるんだと思う。社会性のある動物が察する、何か。
仮にこれが考えすぎで、男の子がそういう時期で、誰にでもこういう態度をするのかもしれない。そうかもしれないけど、この一部始終、いたい。
考え過ぎかしら。
はー。
他に、子どもが誰かを泣かしたら、すぐにママがママを呼ぶ。
はー。
ママたちが輪になって喋ってその周りで子どもが遊んでる。

なんか疲れちゃったの。これじゃ子ども同士なんて無理なんだなあーって。けんかしても泣かしても、キケンじゃないかぎり放っておかないと。いちいち大人が出て行ってどうすんの。。しかも親。とはいっても、ここは、公営の児童館。
馬が合わないかんじがした。もっと午前中に行ったらよかったのかな?
やっぱり、「子どもがいる」ってだけの共通点で、いきなり仲良くなるなんて難しいな。なんか私弱っちいなあ。もっとがつんと強くなりたいもんだぜ。マンマーマン!になりたいぜ。
わたしもだけどへぐもぐったり疲れて、ふたりで夕方長い昼寝をした。でも悪夢だった。

ここ1,2週間で感じること。
へぐがかわいくてしょうがない。ということで、頭に浮かんだのはこの図。
需要と供給曲線。

これを、x軸:生んだ痛さ、y軸:かわいさ。
でやっと生んだ時の痛さのインパクトが落ち着いてきて(xの値が減少)、かつかわいさ度(yの値が増加)がまし、一致した。それまで、「いや、まだまだこんなもんじゃないだろう、あの痛さのわりには大したことないだろう、もっと“あの痛さを忘れてやってもいいくらい可愛いわ!”と思いたいものだ!」と思っていたの。ようやっと割に合ってきた。
それまで、「私をあんなにして!」って思ってた。と友人に言ったら、笑われた。
| 7ヶ月 | 00:17 | comments(7) | trackbacks(0) |
訂正
需要と供給曲線。

これを、x軸:生んだ痛さ、y軸:かわいさ。
でやっと生んだ時の痛さのインパクトが落ち着いてきて(xの値が減少)、かつかわいさ度(yの値が増加)がまし、一致した。

これ、オバカでしたねー
x軸は、<時間>。
y軸は、<痛さ><かわいさ>

を表しています。左の線、需要曲線が<痛さ>を表し、右の線、供給曲線が<かわいさ>を表しています。
おばかを披露してしまいました。
ん?よくわかんないけど、言いたいことはなんとなくわかるなー、って思ってくれた方、数学より国語がとくい?
お詫びして訂正します。
| 7ヶ月 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドレスと白無垢

飯田橋まで白無垢とドレスを見に行く。
母と待ち合わせお店へ。
どうしても綿帽子を被ってみたくて、それには白無垢を着ることになる。↓綿帽子

ウェディングドレス<白>は決定だから、綿帽子を被りたいなら、、お色直しも白で行こうと決めた。
普通はお色直しに色のあるドレスや打ち掛けのお着物を着るのだけど、それを披露宴で着るとなると、綿帽子・白無垢のために前撮り撮影、衣装のためだけの前撮り写真撮影すると、ヘタしたら海外旅行に行けるくらいのお金がかかるから、ウェディングドレスも白だけどお色直しも白でいくことにした。しかし、白無垢って。。無垢。むく。
3つほど見繕って羽織ってみて、一番似合う物をすぐに決めた。御所車と松の模様。やっぱ松がつく名字になったからね。この辺は着てみたくなるよねー。私は今の名字になってから、やたらと名字と名前を合わせていいかんじにまとまったの。ふふ
母の留め袖も見繕って、夫の紋服もいいかんじ。合わせるお部屋でへぐに一回目のおっぱいを。へぐはずっと壁いっぱいの鏡を見て大興奮。
 次にドレスを。ドレスは、けっこう昔からどうしてもシンプルなもので花も飾りもないもの、人がまとったときの造形として、カタチがきれいなものが着たかった。
6着ほど見繕って部屋で試着。やせ細った体には貧相に見えるものもあって。なんか鶏ガラみたい、、って思ってちょっと悲しくなったり。
しかしよい一着があった。
マリーアントワネットチックな、腰からお椀みたいにスカートが広がるの!腰からの形が正三角形みたいなのね。
超シンプル。花やリボンの飾り無し刺繍無しスパンコールも無し。裾にちょっとレースがあるだけの、漂白したみたいな白。
あとは、ブーケとティアラと手袋をきめて。
ティアラは絶対につける。丸い王冠のタイプがとってもかわいいのだけど、多分カチューシャ型のになるかな。参考↓ローマの休日。


披露宴では出席してくれた人みんなとひとりひとりお話したいな!ブーケトスはなし、ケーキ入刀も希望なし、キャンドルサービスもシャンパンなんとかもなしで、みんなでダンスかゲームかしたいけど、そこまでは難しいかな。
みんなでわいわい楽しいね!ゆかいだね!みたいなことをしたいな。
日本人がもっと、すぐ踊り出しちゃうような人種だったらいいのにな。勝手に、楽しい宴のイメージが、みんなで踊り出しちゃうこと、という思いが強い。体動かすと気持ちいいからね!

飽きちゃったへぐちゃん。
ドレス合わせのときに派手に泣き、2回目のおっぱいを。
へぐたんお疲れさまでした。かーさんドレスまみれで楽しかったわー!
続きを読む >>
| 7ヶ月 | 00:14 | comments(10) | trackbacks(0) |
ぽんこつ


ぽんこつさんぽ。
この一週間弱、すっかりぽんこつ主婦だったのだが、やっとエンジン一発かかる。
体がぱきぱき動かなくなるくらいの原因は、なんだかわかっているが、もうオイルを足したので、ぴんぴん体を動かす。
ぽんこつになると、洗濯ものはたまるわかわいた洗濯物はたまるわ洗い物の食器はたまるわごみはたまるわ物はたまるわないものはたまるわ、いいことない。
でも今日ぽんこつを卒業した。今日のしごとは今日のうちに。そんな風にして、会社つとめでも女子高生でも主婦でもなんでも、毎日の所作がわかりきった同じことの繰り返しだなんて、わかりきってる。こつこつこうやって特筆すべきでもない事柄を毎日毎日、繰り返して、繰り返しているからこそいつか手に入るなにかがあることを私は知ってる。だから必要以上な虚しさなんてもう感じないですむの。
圧力鍋ってどれくらいが妥当なのか?と友人から、値段について相談の電話があった。なんだかほっこりした時間だった。鍋については特に明るい分野でもないのに得意気な気分で話す。鍋についての電話がくるなんて分かり切った毎日のことじゃなかったから、同じことの繰り返しの横にちょっとついてきた、ちょっとしたおまけみたいな感じで、なかなかいいものだ。
今日やっとお雛様をしまった。しまったら、すっきりした。


 この週末披露宴のお食事の試食会に行ってきた。伊勢エビのまるごとチリソース。中華にしようかフレンチか、はたまた少しアレンジがきかないか、考え中。チャペルにて模擬結婚式なるものもやっていたので、家族で参加してきた。
 結婚式は、今まで何度も芝居の公演の準備で鍛えられたと思ってても、またなかなか用意が大変なイベントだけど、その日には、たくさんの、自分の好きな人たちだけに会える、ってすごいいいことがあるから、やっぱり今から本当に楽しみ。
声をかけさせて貰った人が、喜んでくれると、涙でるくらいしあわせ。
| 7ヶ月 | 22:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
伝わらないの
 一昨日の夜、下の歯が2本生えたへぐたんが、とうとう左のおっぱいを噛んだ気がした。ついにきた、と思って、すぐに口に指を入れて放し、「噛んだら痛いの!」と言った。伝わらないけど。でもそれからも何度か痛みを感じた。でもふしぎ、右のおっぱいの授乳のときには噛まないの。つまり、痛くない。
 夜、とうとうあまりに痛みを感じたので、噛んでいるとばっかり思った私は、「へぐたん!噛んだら痛いからやめて!」と怒った。へぐたんは顔じゅうから、怒られた子ども独特の悲しい表情を広げていってついに「ふ、ふ、ふええええええ!」と泣き出した。歯が生えて乳首を噛まれたら、こうやって何度か怒って噛んだらだめだということをわかってもらわないといけない。
 
 でも、ほんとはへぐたんは噛んでなかった。指を入れると、もうそれは新生児のころの何倍かの吸引力で吸うけれど、へぐたんは噛んでなかった。わたしの乳のコンディションが悪かったのだ。ちょっと炎症起こしてる。原因は、、わかってる、アイス。PALMにはまって、ここ1,2週間、一日に3本、4本と食べていた。なんか疲れやすくて甘い物が食べたくて。でも乳製品の食べ過ぎは乳腺炎を起こす。
 わたしの健康管理が悪くて、痛いことになってるのに、へぐたんを大きな声で怒ってしまった。ごめんね、ごめんね、ごめんね、って思うけど、へぐたんにはそんな、「自分は悪くなくて、怒られたのは間違いだったので謝られている」という複雑なことはわからない。えっぷあー、とかなんとかいって動いている。
伝わらないんだなーって思ってまた、ごめんねって思う。
| 7ヶ月 | 18:23 | comments(4) | trackbacks(0) |
おっぱいを止めるとき
 今日、近所の乳腺科のある病院に行った。もうあきらかに放っておいたらまずいことになりそうで。へぐたんも乳が不味いのか、あまり飲まないし、痛くて頭痛。しかしなんと月に3度、各週の土曜しか先生がいないらしい。そんなタイミング良く炎症起こすなんて無理でしょ。月に3度しか先生がいないのに、看板出しちゃいけないでしょ。産んだ産院も、乳腺を診てもらえるのは曜日と時間が決まっている。炎症起こしたら、一週間も症状がもつわけないのに。
 もうおっぱいやめようかとちらりと思った。おっぱいは、ミルクより楽かもしれない、どこでもいつでも手軽にあげれるし、ミルクのお金もかからずほ乳瓶の洗浄もしないで済む、と思いきや。おっぱいの管理は、なかなか楽ではなかった。
 これはすごく個人差があることだけど、私は助産師さんもびっくりの優秀な生産量で、それだけにトラブルも多い。なんども激痛マッサージをしたり熱をもったり。おっぱいのために食べるものもすごく気を遣っている。餅米、乳製品、油物、甘い物、これらは控えなければいけない。すぐに乳腺がつまるから。で、健康食にするんだけど、そんなに量も食べれないからどんどん体は痩せるし、今はたらふく食べてやっと体重をキープ。人生で最も痩せてるから、体調も実はあまりよくない。すごく疲れやすいし冷える。元気も出ない。力もあまりでない。ない、ない、ない。暗いなこの記事。
 まだ離乳食もちゃんとすすめてないから、もっと食べれるようにして、はやくおっぱいをやめようかしら。
 へぐたんにパワーを吸い取られすぎなのよ。あと5キロくらいは戻りたいのよ。難民みたいだもん。顔色も悪いし。暗いなこの記事。
 止めるときは熱出すのかな(『私たちは繁殖している』内田春菊著 だと、卒乳するのに3日高熱出してた)。へぐたんとわたしと、2人で泣くのかな。薬飲めばもっとおちついて止めれるかも。止めたら止めたで違う面倒なことがあるかもしれないけどね。もっと強くならないとなあー
| 7ヶ月 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
元気
ここ最近の記事が暗すぎた。暗い!暗いといいことがない、自分。
まず元気がない。元気がなかったらなんにもできない。元気があればなんでもできる。
数日前、へぐを預けて思いっきり羽をのばしてきたら、体のなかからワキワキと元気が沸いてきた。それまで元気がなかったのでブログすら書けなかった。考えすぎて。ちょっと脳天気のときでないと、わたしはブログが書けないようだ。なぜって、なぜわたしは人にみられるための文なんかかいてるんだろう、って暗い発想をしはじめてとうとう書けなくなるの。
 先週末、大量の本とひきかえに、気軽にすぐ会える友達が、ふたたび遠くに行った。遠くにいくから、とおいしいものをたべに行った。この世で一番おいしいチキンバスケット。ちいさな手で一眼をかまえてわたしたち家族を激写してもらった。
 今週はたくさんのおしゃべりと天然温泉ひたりまくり。
 また疲れてしまって元気がなくなったら、へぐを預けてワキワキとした元気を注入しにいく。そして毎日を骨太に過ごすのだ!おっぱいももう少しがんばるぞー。



photo by Mariko
| 7ヶ月 | 23:42 | comments(3) | trackbacks(0) |